読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こちらは職人、ただいま交信中!

いきていく物語です。

気が向いたときに、思ってることを書いていきます。
相互に「交信」をする場です。コメントおよびトラックバック歓迎です。
主に鉄道と飛行機を利用する旅人です。
2008年にoneworld Sapphire、2016年にStar Alliance Goldのステイタスを取得。これらを有効に活用した空の旅についても発信していきます。
日本国内の無線従事者資格や、関連資格の多くを取得しており、その受験記も蓄積しています。
内容には誤りがないよう努めますが、誤りがないことの保証はいたしかねます。

メロン記念日 FAN CLUB TOUR in 沖縄(2日目前編)

Live

2日目の今日は「トークイベント」と「ライブ」の2つに大別。朝食はホテルのバイキングでいくらでも食べていいのですが、昼食もバイキングらしいのでほどほどに。昨日のディナーより質が高いように思えました。

8時10分に集合し、バスが出発。車内で受け取ったのは、沖縄市にある植物園「東南植物楽園」の案内図。というか、隣のバスで先に配られたのが見えたので、その場でググって所在地を調べたのですけどね。2007年のソウルツアーなどで、くじで当たったメンバと1分程度1対1で話せる「2ショットトーク」があったのですが、今回は4人全員と1分ずつ話せるとのこと。一方、なんで植物園でこの手のイベントをやるのかが一瞬理解できなかったのですが、 2ショットトークでない時間にオリエンテーリング(と、園内のレストランでバイキング形式の昼食)が組み込まれていることが判明。バスの車中では、昨日と同様の特別プログラムが流されます、カセットテープで。

園内の不透明でおっきなビニールハウスみたいなのがメイン会場になっていて、指定された席に着席。9時頃に、メロンがステージに登場し、トークイベントの説明。4人とのトークは、このビニールハウス後方に間仕切りされた一角で行うとのことで、我々は10時に間仕切りの手前に集合。合間のオリエンテーリングは、園内に掲げられた暗号を解くというもの。トーク本番が10時ということで、軽く出歩いて調子をつかんで、すぐにビニールハウスへ戻ります。

間仕切りの向こう側に、1分間隔で1人ずつ呼ばれて入っていきます。自分が呼ばれたときは、もうすぐ…と思ったのですが、間仕切りの向こう側に1 人分の待機用のいすがあったので、さらに1分待ちました。順序は村斉柴大で、彼女らはソファー、参加者は平凡ないすに腰掛け。

筆者の場合、各メンバの前に座った直後は、基本的に向こうから大きな話を振ってこなくて、自分から話を切り出すこととなりました。内容をざくっと書きます。

「>」の記号は自分からメロンへ切り出したこと、「<」はその逆。

村田:

>今までのいろんな小ネタをほめた。
>最初のメロンでの遠征(新湊)について。(そんなこともありましたねーと返答。)
<(パスに書いてある部員名を見て)ラジオによく(メールを)くださってますよね、よく見てますよ。
<メロン以外、誰を応援していくの?(特に決めてない、静かに行きますというようなことを回答。)

斉藤:

<(部員名を見て)コメント(ブログかな?それとも部員BBS?)いつもありがとう。
>昨日の写真売ってるといいな。(このあとオーダー。)
>書道とか太鼓とか特技があるので、きっといろんな業界で強く生きていけると思う。(私のことをよく見てくださってありがとうみたいな返答。)
>去る者は追いませんが、ありがとう。

柴田:

<(パスケースに入れた“club MELON-KINEN-BI”ステッカーを見て)よく飲むねーみたいなこと。よく寝たの?(よく寝たと回答。)
>メロンは僕の人生の一部だった。歌を続けるのならピアノももっとやってほしい。
<今日もバーに行ってください。

大谷:

<(自分がデザインした)Tシャツ着てる〜。
>まぁしぃはいろんなところに表現の熱があるし、身につけるもの(ブログで意見を聞いた飾りを頭につけていた)もファンの意見を聞いていろいろ考えている。
>メロンの1推しを決めてなかったし、あまり表にも出してこなかったが、まぁしぃのそんなところが好きになってこういう感じ(Tシャツを指さして、1推しということをアピール)になった。
<今後もよろしくお願いします。

各自の今後の進路を踏まえて、言いたいことが言えましたし、少なくともムメとHitoには、顔はともかくハンドル(ラジオネーム)が認識されてることも判明。いい収穫がありました。

そのあと、ビニールハウスの中で、昨日のイベントの写真をオーダー。まずフォトアルバムを少なくとも1冊注文し、支払って、それから写真の注文用紙を手にして並び直してハローショップ形式でほしい写真の番号をチェックして2度目の支払い、という流れ。写真は1枚150円、まったくいい商売です。

オリエンテーリングは、ある1カ所の暗号にみんなが難儀。夜のライブで、出題ミスだったことが判明しブーイングがあがったのですが、面識のない参加者もみんなでその暗号を、合い言葉にできて、ある意味有意義だったのかもしれません。ビニールハウス近くでまったりしてたら、メロンの4人が食事休憩のため近くを通ったりしました。さてうちらも昼食と行きましょうかねというところ、11時から12時までは他の団体が来て混雑するので避けた方がいいと添乗員から聞いていたのですが、それを踏まえてもレストランへの入場が結構待たされそうな感じがしたため、12時を待たずに出向くと、30分(くらい)待ちで 12時25分に来てくださいとのこと。あちゃー。実際は10分程度早く呼ばれましたけどね。危なかったです。食事は結構よかったです。

13時半に終了、と思いきや、20分程度押して終了したと記憶しています。参加者にとっても長い長い体育会系イベントでしたが、192人全員と話したメロン記念日にとっても、相当お疲れだったかと思います。

が、そのあと、「時間もあるし、天気もいいので」とのことで、集合写真の撮影。1枚20人程度+メロンの4人でした。