読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こちらは職人、ただいま交信中!

いきていく物語です。

気が向いたときに、思ってることを書いていきます。
相互に「交信」をする場です。コメントおよびトラックバック歓迎です。
主に鉄道と飛行機を利用する旅人です。
2008年にoneworld Sapphire、2016年にStar Alliance Goldのステイタスを取得。これらを有効に活用した空の旅についても発信していきます。
日本国内の無線従事者資格や、関連資格の多くを取得しており、その受験記も蓄積しています。
内容には誤りがないよう努めますが、誤りがないことの保証はいたしかねます。

『負けるものか!!頑張れ東北!!!』

東日本大震災の被災地である、仙台市の(現在の)若林区出身*1の、元メロン記念日で元タレントの村田めぐみが主催する募金活動に行ってきました。

開始時刻の12時を15分近く過ぎたところに代々木公園入りしたところ、程なく会場を発見。BOXXのすぐ前でした。

彼女をはじめとする元メロン記念日が、今でも芸能人な人、そうでない人、そうでなくなったばかりの人、4人全員がここに揃っています。

付近の様子を探ると、メロン記念日に関わったスタッフの(中でも1番近いポジションにおられた)方々が、メガホンなどを使って呼びかけや誘導をしています。そして、メロン記念日のファン、すなわち「ヲタもだち」の姿もちらほら。一般人になった村田さんが主催なので、「ヲタもだち」が呼びかけなどでいろいろ協力するのかなと想定していたため、チームメロンがこんなになんでもされてるのには、いい意味で軽くショックでした。

しかも、去年2月の10周年記念ライブのフラッグまで…これは完全に「メロン記念日」によるイベントと言っても異論はないと思います。

しばらく様子をうかがったあと、募金の列に並びました。まず、村田さんの前の募金箱に、募金を投じました。ぱっと見は、普段のような握手会なのですが、実態は大きく異なりました。いわゆるスタッフによる「流し」がなく、しかも必ずしも1対1トークではなく、臨機応変でした。最初に村田さんがいたのですが、その次にいたまぁしぃも対応する相手がいない状態だったので、一緒に話をしました。つまり2対1です。2人には、三陸方面で被災した親類の件を話しました。引退した村田さんには、ふるさとがある、そんな思いを込めました。そのあとまぁしぃと1対1になりましたが、「いつでも会えるし…」と、自分から及び腰になってしまいました。父親がいないというまぁしぃにとって、筆者の言葉はどう受けとめられたのでしょうか。後ろの人も程なく村田さんとの話を終えたので、粘らずに自主移動。

そして、解散と同時に引退した、斉藤瞳さんと。いい意味で、容姿も態度も何も変わっていない。その瞳と言葉で思いやるような感じ。北信越人の彼女に対しては、3/11の東日本大震災の陰で、取り上げられることのほとんどない、翌3/12の長野県北部で起きた地震の被災者のことも思いやらなければね、と話しました。「東北」方面への支援がこのイベントの目的なのはわかってますが、ほかにも震災地があるという事実に居たたまれず…。そして最後に、柴田あゆみ。今月からラジオで5時間のレギュラー生放送を始めたばかり。関東人の彼女に対しては、素直に自分が関東で受けた影響を話したあと、ラジオ番組の感想を話しました。この番組は、アナウンサーでなく、その番組のパーソナリティすなわちしばこが普通にニュースや天気予報を読みます。だれが、メロン記念日解散後1年もせずうちに、このような重要な役割を任させると想像したことでしょう。ある意味、報道人の1人として、今回の震災をどう考え、語るのかに期待しています。

そのあと、スタッフの方(後述の鴇田さんは13時くらいからの参加だったみたいですが、その10分くらい前)から、村田さんが急遽デザインしたというチャリティTシャツを購入。値段は3000円。売り上げは募金になるということですが、製作経費はこの値段に入っているのか否かは謎です。

被災した人間だけでなく、そのペットを含めたケア(ペット可能の避難所や仮設住宅)に関する署名活動も行われていました。小生は、しばこのジャーマネと思われる方に要請されて署名しました。

14時40分過ぎに、被災地向けのメッセージカードを記入。共演したことがある役者の鴇田智美が現地に持っていくとのこと。

Tシャツ、いったん売り切れたようですが、再入荷。そして、15時半よりいくらか前、小雨がポツリ。チーマネこと石井氏の号令で、撤収決定。募金はすぐに打ち切れますが、Tシャツが売れ残りそうな事態に。買おうとする人も少なかったので、もう1着買うことに。イベントの趣旨から、いわゆるループはしないでほしいと、村田さんから要請があったわけですが、この2着目のTシャツはメロン記念日の手売りで、想定外のループとなってしまいました。といっても、だれから手渡されたかは、覚えていません。なんとしてでも成功させねば、という思いでいっぱいでした。小雨がやみかけたところですが、イベントは終わってしまいました。村田さんによるしめのあいさつによると、今回の募金は、岩手、宮城、福島、茨城の4県に寄付するとのこと。

いたずらな小雨のため、ぎりぎり間に合わなかった方もいたと思いますが、元メロン記念日、そしてチームメロンほか関係者、そして募金をされた方々、皆さまおつかれさまでした。

*1:仙台市政令指定都市になり行政区が発足したのは1988年。なので、出生当時(1981年)は、若林区は存在せず。