読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こちらは職人、ただいま交信中!

いきていく物語です。

気が向いたときに、思ってることを書いていきます。
相互に「交信」をする場です。コメントおよびトラックバック歓迎です。
主に鉄道と飛行機を利用する旅人です。
2008年にoneworld Sapphire、2016年にStar Alliance Goldのステイタスを取得。これらを有効に活用した空の旅についても発信していきます。
日本国内の無線従事者資格や、関連資格の多くを取得しており、その受験記も蓄積しています。
内容には誤りがないよう努めますが、誤りがないことの保証はいたしかねます。

吉川友ファンミーティング

会場は、ユニバーサルミュージックの本社。住所は赤坂ですが、最寄り駅は青山一丁目。4番出口を出て徒歩1分と当選メールに書かれていましたが、その4番出口は見当たらず、違う出口を出て道路を横断して、あれこの辺りのはずなんだが…と思いながら、ぽつぽつ集まっている参加者っぽい方々を目にし、建物の看板を見上げ、現場到着を確認。おとなしめのたたずまいのビルでした。「集合時間より前にお越し頂く事はご遠慮ください」とされていたものの、どっかの赤羽橋のようなものものしさはなく、歩道や会社の敷地内に、迷惑をかけない程度にぽつぽつと参加者っぽい方々が点在。

本日全2回あるうちの、2回目公演への参加。所定の集合時刻は16時でしたが、その10分前くらいに、整列の合図がかかる。携帯電話で当選メールを表示した状態にしておくようにとの指示。16時になり、2列に整列した状態で受付開始。座席番号は自分の手で行うくじ引きで決まるので、UFW系の選民イベントのように、係員がチケットを渡して半分早い者勝ち的な席が当たるような心配はなし。なんですが、筆者の並んでたレーンで前に並んでいたお客さんに何かトラブルがあった(当選メールが来たのに、主催者側のリストに名前がなかった感じ)ようで、足止め。自分の番が来て、携帯の画面と本人確認できるものを見せる。本人確認できるものとしては「銀行のカード」などでもよく、顔写真入りのそれを求められないのには好感。(正直、運転免許証の写真は見せたくない、パスポートは見せてもいいんだけど持ち歩くのに抵抗あり、でも無線従事者免許証や工事担任者資格者証なら大丈夫なんだろか心配)20世紀に発行された、名前が現存しない銀行のキャッシュカードを見せました。

そのあと、くじ引きを行い、ビルへの入館証を渡されます。首にかけるタイプ。通用口みたいなところに通じるところに、新聞のようなものが置かれていて、「社内専用」とか書いてあるものだから、社内報なのかなと思ったら、普通の新聞でした。各部署別に配分されていて、他部署の人は持っていくな的な注意書きがありました。今回の客に対しても、手を触れないようにとの注意書き。

通された場所は、2階のいちばん奥の大きめの会議室。客席は横12列×縦5列の全60席くらい。下手と上手の6列ずつの間に、センター通路。いちばん後方の壁際にスタッフ用の椅子。前方にはスクリーンと、壁に埋め込まれたメーカー不明のスピーカと、PA機器のラック。PA機器の多くは、CDや映像などの再生機器でした。以前、今はなきBuzyの、結局最後となったイベントのため、テイチクに行ったときもそう思ったのですが、レコード会社というものは、試聴を想定した会議室を持っているものなのですね。反面、マイクがカラオケ屋仕様の安っぽい赤外線ワイヤレスマイクだったわけですが、途中、その1本が案の定トラブルを起こし、せめてSM58みたいな有線マイクを備えておくべきだなと思ったのでした。会議にしか使わないのであれば、そうした用途に向けた赤外線ワイヤレスマイクも存在しますよ。

当初のイベントの案内では、2回合わせて「150名限定」とあったため、1回あたり75人が入るものだと思ってたので、60席しかなかったことは謎です。そして、今度公開の映画のフライヤーと、恒例?のアンケート用紙が座席に置かれています。筆者の32番は、前から3列目で、センター通路から上手側に2つ目の席で、まぁまぁ可もなく不可もなく。アンケートの内容はずばり、「吉川友のどこが好きか、具体的に書いてください」というもの。個人的には具体的にどこという以前に、彼女の「全部」が好きなので、そう書き始めたのですが、歌や容姿が抜群なことに加え、彼女のことを知ってから調べたことと、デビューが決まってメディアへの露出が増えてから知ったことから、努力家でおもしろいところも好きかなという感じのことを、少しずつ書き足しながら記入。「写真集」を出してほしいという要望も書きました。本人が、容姿で評価されることをよしと思っているかどうかは微妙ですが…。

定刻の16時半になり、会議室が暗くなり、デビュー曲「きっかけはYOU!」のPVがフルコーラス上映され、イベント開始。きっかイベントをいつも仕切っているスタッフさん(後に「りっちゃん」と紹介される)の仕切りで、きっかが例の衣装で入場するのですが、その例の衣装に加え、特大の黄色のラメラメ蝶ネクタイを着用。そして、「りっちゃん」を紹介し、きっかのと同仕様で、色だけ違う(こちらは赤)蝶ネクタイをきっかが着用させる。「六本木のドンキ」で自ら買ってきたそうで、1回目の公演でサプライズ的に使ったそう。この回は2回目なので、サプライズにはなりませんが、おんなじような流れでの強制着用?と相成りました。そしてもう1人のスタッフ「FKDさん」を紹介。「みなさんご存じですよね?」ときっかが言うのですが、筆者含めてほとんどの客はその名を知らない。氏は、きっかの憧れであるモーニング娘。明治座で行った公演「江戸っ娘。忠臣蔵」のはっぴを着用しており、その下には手作りの「KYラブ」と背中に書かれたパーカーを着用。今回、きっかは1人で「会社」(赤羽橋のUFA)からここまで歩いてきたそうで、赤羽橋側の人は今回ほかには来てなかった模様。赤羽橋の社員食堂でのイベントだと、スタッフはもう少し物々しい反面、ある意味黒幕に徹している面があるので、こういう遊び心みたいな要素が、新鮮に感じられました。

りっちゃん氏によれば、映画の東京での上映のチケットの先行予約は終わってしまっているけど、13日から一般発売されるとのこと。また、今回は「着うた」購入者のイベントですが、今月中(日にち失念)に「着うたフル」も配信予定とのこと。

センターにきっか用の椅子が用意されてたのですが、あの傘状のスカートとの相性が悪いことと、後方のお客さんにも見えるようにとのことで、きっかは自ら、座らずに立つことにしました。立派です。

テレビ出演は皆さん見ましたかー的な話題で始まり、生放送は「おはスタ」以来で緊張したとのことでした。昨日の横浜でのチャリティイベントのことにも少し触れました。多くの方に来場いただいたと、りっちゃん氏から来場者数の数字が語られました。(その数字は失念)

そして、2月下旬から行われた札幌と福岡でのイベントと、そのついでに寄り道をした映像を上映。札幌ではカニ、福岡では鍋的なものを食べたようですが、店の名前を教えてほしかったなぁ。札幌では「白い恋人パーク」に行き、自分の写真が入れものの缶にプリントされた「白い恋人」を作ってもらったとのこと。そのあと、雪に飛び込んだり、とにかくはしゃぎまくり。りっちゃん氏によれば、かなりハサミを入れた映像とのこと。「ほとんどが、使えない」映像だったとのことで。また、そのときの写真も、一部はすでに公開済みなのですが、ここでは、ボツになった写真を上映。いや、ボツにするのはもったいないですよ。

そうした写真の中に、真っ正面でしたり顔のものがあって、ご本人もあんまり気に入ってなさそうなものがあったので、「運転免許証みたい」と突っ込んでみました。きっかはそれを拾わなかったのですが、りっちゃん氏がうまくすくい上げてくれまして、「運転免許が取れる歳なんですよね?」と話題転換。しかし本人は、友達に「運転には向いていない」と言われたとか、東京ではクルマを持つ必要はありませんよね?と、免許を取る気がなさそうな感じ。我が中京圏は言うまでもないですが、きっかの地元の茨城も車社会なのでは?と思ったので、「田舎では(クルマが)ないと暮らせないよ」と突っ込み、何往復か会話したところ、なんときっかは我が岐阜県の位置がわからないという衝撃の事実が判明。「四国のほう?」とまで言う始末。りっちゃん氏が、名古屋のある愛知県の隣だとフォローしたところ、「あ、新幹線で行けるところですね。」と言ったので、わかってくれた感じだったのですが、彼女はさらに僕に突っ込んできたのですよ。「今日、新幹線でいらしたのですか?」と。「いやいや、上京して東京に住んでるんです。」と説明し、「上京ってかっこいいですよね。」的なことを言われ、60人のお客さんがいるというのに、ぶっ飛んだ世界をきっかと僕が作り上げてしまいました。(爆)

そして、ジャンケン大会開催。2名の勝者に上述の「白い恋人」が当たるものでしたが、案の定1回目のジャンケンで敗退。しかし、敗者にも素敵なプレゼントが振る舞われたのです。レコード会社の人は、これまで、お菓子の「きのこの山」を「きっかの山」にパロディ的に改ざんしたものを営業ツールとして配ってきているのだそうですが、今回“KitKat”を改ざんした“KiKKa♥”を作ったとのことで、最後に確かスタッフからもらって退場したのでした。勝者にポケットティッシュをあげただけの、かつてのどっかの記念部のヘブンイベントとは、次元が違うことを感じさせられた…。

後半は、きっかの今後の活動に何を期待するかを、きっかが客に振りました。まず、バスツアーという提案があったところ、茨城に来てほしい。家に来てほしい。うちの兄と犬を紹介したい。お世話になった学校の先生も紹介したい、さらに、田植えをしたり(吉川家の周辺は田んぼばっかだそうですが、吉川家自体は稲作はやってないとのこと)、家の周りの草を刈ってほしいと、またまた暴走モード。そういえば、きっかの出身地は「茨城県」ということになっていますが、茨城のどこなのかは、公表されていないと思います。そこはUFAの方針なのだと思いますが、本人の思いはそれとは全く逆のようです。海沿いということはなんとなく察しがつきますが…。最終的には、「事務所さん(UFA)に報告しておきます。」と、りっちゃん氏談。2ショット撮影もやってほしいと、提案あり。

これ以降、記憶があやふやなので、ほかの質問と、アンケートコーナーの内容がごっちゃになりますが、どんなシャンプーを使ってますか?という質問があって、きっかは「赤いの」と回答。商品名を言わなかったのは、大人の事情でもなんでもなく、本人がわかってないからです。おそらく「椿」とかではないかとの想定で話が進みましたけどね。BODY SHOPだったかボディソープの話題にもなりましたが、もはや記憶しきれてません。なお、アンケートは、1回目はなかったそうです。1回目終了後に昼食を取りながら、例のごとくスタッフが本人に内緒でアンケートをやることに決めたとのこと。

あと、アンケートの「きっかのどこが好き」に対しては、「一生懸命」だとか「低姿勢握手」などを書いた方が多かったようです。本人も「低姿勢握手」と自称していて、腰を悪くするから無理しないようにとスタッフ側が言ってはいるそうなのですが、背の低いお客さんもいるし、とにかく1人1人に向き合いたいというきっかの情熱の象徴ですね。「きっかけはYOU!」の振りのチャームポイントは、「キミだよ」で指差すところで、これで皆さんをイチコロにしますと自信たっぷり。あと、「かわいいのにトークがぶっ飛んでいる、そのギャップ」がいいという方も多いようですね。「黙っているとかわいいと言われるんです」ときっかが言ったところに、すかさず「いつでもかわいいよ!」と突っ込んだところ、きっかは「そうやって何人(の女性を)落としたんですかぁ?」と、鮮やかな切り返し。いやいや、答えは、自慢できるような数字じゃないです…。男性ファンが自分の笑顔で癒されることをきっかは理解してるのですが、女性ファンの方々はどうなのか?と気にしていて、1割くらいいた女性客に聞いたところ、結局は男性ファンと同じだと判明。きっか自身、あんまり性別で人を区別したくないと言ってました。自分のおでこがてかるのは好きでないようですが、ファンとの「デコピン会」的なことをやりたい(きっかがファンにデコピンしたい)とも。

あとは、メールマガジンでも配信されたとおり、件の地震のあとしばらく、盟友である真野恵里菜宅に居候したそうで、一緒の布団で寝たら、明け方寝相の悪いきっかが真野ちゃんを蹴っ飛ばしていたというエピソード。「うらやましい」という声がかすかに聞こえたので、まさか今日の客は自分より真野ちゃんのほうが好き??と、きっかが心配した様子になり、「真野ちゃんのほうがうらやましい」と僕がフォローしたら、「それが正しいです!」と気持ちのいい反応でした。そのあとも真野ちゃんをネタにしたトークが続き、今日は4月10日ですね、明日は…と切り出し、真野ちゃんの誕生日ということが全員の共通認識となった瞬間「やっぱりマノフレ真野ちゃんのファン)が混じってる!」と、ライバル意識むき出しな感じで勢い止まらず。そして、こうなったら「マノフレと『ユウフレ』(表記不明)対抗でイベントをやりたい」とか、(自分の誕生日である)5月1日の夜(昼は映画上映なので)にやることに決めました!とか、もはや真に受けられない妄想トーク炸裂。やっぱし、この現場にはUFA側の人は来てなかったのでしょうかね。

あと、おもむろに、たこ焼きが好きになった、たこ焼きを作ってくれる人を好きになりますと言って、客の反響があったところ、「やーねー男の人って」といじってくるところがニクい。そこで、今度は僕が「そうやって何人落としたんですか?」と、さっき言われた台詞で突っ込み返しをしてみました。すると「まだ1人も落とせてません。でも、ここにいる皆さんは私に落ちた方ばかりですよね。」と、うまくまとめてくれました。

そもそもこのイベントは、そうではなかったはずなのにきっかが勝手に「シークレットイベント」と言い出すわ、とにかくどこまで真に受けていいのかわからないグダグダさが印象的でした。でも、それは、いい加減な気持ちで言っているものではなくて、死ぬ気で頑張っているからこそ持ちうるシュールな理念がそう言わせているのだと思いました。UFA的には実現性が低いアイデアもあったかと思いますが、むしろ「ユウフレ」が今後のUFA吉川友を変えていければとも思っています。パシフィックヘブンという名の赤羽橋の社員食堂で行われるイベントは、基本的に定員80人で、空気感もややせわしないところですが、このカーペットが敷かれた60人の空間の空気感は、どの席に座っていても、頭がひらめいて言うことが思い浮かんだら、即それを口にできて、それががみんなに届くような感じで、心地よかったですね。ほか、きっかの無茶ぶりとして、「ユニバーサルミュージック所属のアーティストを紹介します。」と言いだし、いちばん後方に座っていたスタッフを紹介した場面もあって、やりたい放題。

最後、前列の客から退出させ、会議室出口で握手会をして退場。流し係のような人はいましたが、7割方きっかのペースというか成り行きに任されていた感じ。ゆっくりとまではいかなかったけど、先方も話をふくらましてくれたりして、結局数往復程度の会話ができました。メロン@沖縄ツアーの1人あたり10秒程度の握手を超えていたかも。僕は「岐阜県の場所を覚えてください、(きっかが出演した番組の)『歌の楽園』を生直(なまじか)で見れた(リアルタイム試聴できた)場所です!」とアピール。そして、企画を打ってほしいと言ったところ、「家の周りの草を取りに来てください」ということで、終了。きっかのいう「草」は、ごくたまに「キャベツ」のことを意味することがあるわけですが、茨城の風評被害を跳ね返すという大義名分で、ぜひきっかの実家訪問をUFAサイドに許可してほしいものです。茨城といっても広いんだし、すべての作物が危険なわけじゃないんですからね。メロン記念日だって、いきなり公表されてしまったまぁしぃは例外として、段階的に各メンバの出身地の細かい地名が公表されていったわけですしね。

そして、スタッフから、改ざん済みのキットカットを受け取った気がします。下に降りて、入館証を返却し、現場をあとにしたのでした。イベント時間は1時間のはずでしたが、30分押しました。上述のように、きっかは今日赤羽橋からここまで歩いてきたので「皆さん、今日は歩いて帰りましょう」と呼びかけたことを受け、渋谷駅まで歩きました。途中、うまそうなラーメン屋を見つけたので入ったら、当たり。今日は最初から最後まで、ラッキーでした。ちなみに、そのあと渋谷駅に向かう道中に、レコチョクさんの事務所があったりしました。

りっちゃん氏は「ツイッターに今日のイベントのことをあんまり書かないでくださいね、せいぜい『神イベントだった』でお願いします」と言ってましたが、どこまで真に受けていいのかわからないので、とりあえずマノフレとけんかにならないようにだけは配慮したいと思います。

これになんだかの形の撮影会でもあれば、ハロプロなんかのエグゼ会員向けイベント(いや、行ったことないけどさ)を超えると思います。これが1050円の着うた購入費と、ダウンロード操作に要した工数(Wi-Fiでダウンロードしたので、パケット代はかかっていない)で参加できたことは、ずいぶん太っ腹だと思います。このイベントの参加可否を左右したのは、2月28日にダウンロードした人しか参加エントリできないという、突発的な選民にあったのではと思います。そのへんの間口がもっと広ければ、120人どころか150人でもすまされなかったと思います。彼女がいわゆる地下アイドルになることを、筆者は決して望んでいるわけではありませんが、地上にいても、演歌歌手のように、時として客との距離感の小さいイベントを打つことは不可能でないと思います。それは我々「ユウフレ」の良心にかかっていると思います。これからも、真摯に応援していきたいと思うばかりです。