読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こちらは職人、ただいま交信中!

いきていく物語です。

気が向いたときに、思ってることを書いていきます。
相互に「交信」をする場です。コメントおよびトラックバック歓迎です。
主に鉄道と飛行機を利用する旅人です。
2008年にoneworld Sapphire、2016年にStar Alliance Goldのステイタスを取得。これらを有効に活用した空の旅についても発信していきます。
日本国内の無線従事者資格や、関連資格の多くを取得しており、その受験記も蓄積しています。
内容には誤りがないよう努めますが、誤りがないことの保証はいたしかねます。

Cappa vol.2『恋文横丁2010』

渋谷のヤマダ電機にほど近い、細い横丁の小さな飲み屋で。30人も入るといっぱいの店だったと思います。店の奥の座敷的な場所に座ることになったのですが、体が入るのがやっと。

3話構成のオムニバス芝居で、1話と2話の間に休憩。3500円で食べ放題飲み放題とのことでしたが、食べ物があまり選べなかった模様。席の都合で、飲食物のピックアップは向かい側の相方に頼りきりでした。店の入口側が立ちスペース、我々のいる奥との間の通路的なところが舞台でした。渡部沙智子という歌い手さんが、声楽的な発声の歌から、中島みゆきの結構似ている物まねまで、イキフン作りに重要な役割をしてました。芝居の筋はわからないところもあったし、むしろ筋を理解しないでもよかったのかもしれませんが。まぁしぃは第2話の「オーディションの王道」で、本人役で出演、“ENDLESS LOVE”を歌唱し、告知までしてきました。出番でないときは結構近くで普通に飲んで食べてました。その辺りが関係者エリア的な感じになってました。元散歩道楽の竹原千恵(「かば」でジャーマネ役だった人で、今回は見に来てただけ)と向かいあってました。

終演後、第2話に出演して結構体当たりなところ(バク宙など)を見せてくれた散歩道楽の椎名茸ノ介が乾杯をしに来てくれたので、いろいろ話しました。まぁしぃ目当てでない客の多くは、その他の出演者の顔見知りみたいな感じで、芝居の内容より、むしろ空間そのものを楽しむ場だったと思います。

で、こういうまたとない場で、このままメヲタの方々と飲み続けたいのはやまやまでしたが、もう1回あの人に会うため、走るように店をあとにしたのでした…。