読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こちらは職人、ただいま交信中!

いきていく物語です。

気が向いたときに、思ってることを書いていきます。
相互に「交信」をする場です。コメントおよびトラックバック歓迎です。
主に鉄道と飛行機を利用する旅人です。
2008年にoneworld Sapphire、2016年にStar Alliance Goldのステイタスを取得。これらを有効に活用した空の旅についても発信していきます。
日本国内の無線従事者資格や、関連資格の多くを取得しており、その受験記も蓄積しています。
内容には誤りがないよう努めますが、誤りがないことの保証はいたしかねます。

真野恵里菜『元気者で行こう!』発売記念イベント「マノソナタ〜イベント盛り上がっちゃいなよ〜」

物販
ある日から、イベント開始よりだいぶ先行して行われることがこっそり発表されてまして、9時〜10時半のみ開催。8時40分頃に現地に着いたら、かなりいい加減な数字ですが、だいたい30人前後が並んでいました。連れの某氏が代表購入してくれることになったので、店の中に入る前に列を離脱。中では5レーンくらいがあったそうで、グッズのラインナップもさほど複雑ではなかったことから、手際よく進んだ感じで、9時10分ごろにはグッズを手にしていました。それからかなり近くのマクドナルドでまったり。(連れ共々、JALの搭乗控えの裏面のクーポン券の消化)こうして物販が先行して行われることが周知されていなかったからか、開演してから係員に問い合わせてた人もいました。「後日通販します」との応対でした。
1回目
開場時刻の11時にマクドナルドを出てから、当選はがきと「身分証明書」を提示。FCイベントのように身分証明書の種類が指定されていなかったし、そもそも応募時は身分証明書が必要とアナウンスされていなかったので、どんなのでもよかった感じで、筆者は2005年発行の「第1級アマチュア無線技士」の免許証(割り印があってパウチされてるもの)を使用。指紋をつけられても問題ない材質なのでね。そのあと、整理番号が書かれたチケット(オデッセー謹製)を受け取ると、96番、階段を上がって建物の2階に行くと、115番までがこの階(2階なのですが便宜上ここを1階とします)で、116番以降が「2階」とのこと。後方の足が楽ちんな座敷席で、靴を脱いで座る席でした。センターの真野ちゃんが、柱と柱の間の幅10cmくらいのワイヤー入りガラス越しに見えたので、それを極力避けて、ガラスを越さなくて見えるようにいろいろ姿勢を変えてみました。11時半の定刻より2分程度押して開演。PV撮影の会場ですが、その映像のような豪華なステージの装飾はなく、素のまんまの状態でした。セットリストは「家に帰ろう」、「ハッピーバースデイ・ママ」、DVD「半海と多田木と元気者」のドキュメンタリー部分の上映、「Love & Peace = パラダイス」、「元気者で行こう! 」。マネージャの「マネティ」が昨日髪に何かつけすぎて、それを隠すべくツイッターで帽子を持ってくるよう指示されて持っていったとか。「元気者〜」では、バックダンサーにハロプロエッグの佐藤(あやのん)、吉川(きっか)、佐保(アカリ)の3名。竹内(タケちゃん)不在の特別シフトで、上手から佐藤、吉川、真野、佐保の並び順。30分で終演し、握手会は出口のレジ前で。真野ちゃんだけで、バックダンサーのエッグがいなかったかわりに、7秒程度のゆる〜い握手タイム。エッグもいるものと想定して言うことを考えていたので、ガックシ来ましたが、真野ちゃんには必要十分なことを言えたかな。選曲がよかったことをほめました。それから、中途半端に時間がありました。遠くに待避するわけにいかず、近くにいるとやんわりと注意されるので、難しい。係員のアナウンスがよく聞こえないまま、変なところに列ができてました。
2回目
13時開場。整理番号は123番。なんと、2階下手サイドの特設席で、この会場の中で最悪な2席のうちの1つ。(もう1つは上手サイドの同様の席)ここ「香和」のキャパは186人なのですが、椅子を4つ特設して190席にしてたようで、その4つの椅子の中の1つでした。2人掛けのテーブルの横に1人が追加された形。狭苦しかったですが、同じテーブルの方々のご理解もあり(もしここをご覧でしたら、ありがとうございました)、いろいろ姿勢を変えて、なんとか1回目よりいい視界を得ることができました。距離は断然1回目より近いし。というか、一応「全員着席」せよと前説があったのですが、その特設席と、2階の最後列の人は立って見ることが黙認されてました。3曲目が「OSOZAKI娘」になりました。この曲は先日の新三郷のイベントなどでも、反響が大きかったそうで、自分も大好きな曲だとのこと。歌(とダンス)と、芝居という、2つの好きなことができていることが幸せなことだとのこと。あと、PV撮影の時誰がどこに座ってたかということも。堤監督は2階のいちばん後方で、「元気者」はセンターのステージ-フロア間の階段で、とか。「元気者」をムチでひっぱたくシーンは、この開場の前の道路で、道行く人の視線を浴びながら撮影したとのこと。あと、またまたマネティ(26歳)のネタを話したのですが、「仕事はできますよ」と念を押してました。(1回目もそう言ってた気がします。)最後「元気者で行こう!」では、前のめりになって見て踊りました。吉川はダックスフントの「チョコ」を寝るとき湯たんぽ代わりにしてるとのこと。佐保が見えにくかったです。1回目の公演ではおとなしく腕を振る程度に踊りましたが、2回目はもっと動けて、結構体がほてりました。40分くらいで終演。握手は真野だけとアナウンスがありました。基本的に2階の客から、後方の客から握手でした。握手のペースは1回目同様。
それから
係員が事を終えた客などに、退散するよう煽ってまして、筆者らも昼食に行ったわけですが、数十分ぐらいあと、たまたまどっかの交差点近くで、なんやら黒いスーツのお兄さん連中がピリピリしながら通行人を追っ払って、青信号のタイミングを伺ってそのあとお姫様が乗った車両的なものを通したのを見たような、見なかったような気がします。まるで時代劇みたいな光景で、現代の民間団体の活動には見えませんでした。