読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こちらは職人、ただいま交信中!

いきていく物語です。

気が向いたときに、思ってることを書いていきます。
相互に「交信」をする場です。コメントおよびトラックバック歓迎です。
主に鉄道と飛行機を利用する旅人です。
2008年にoneworld Sapphire、2016年にStar Alliance Goldのステイタスを取得。これらを有効に活用した空の旅についても発信していきます。
日本国内の無線従事者資格や、関連資格の多くを取得しており、その受験記も蓄積しています。
内容には誤りがないよう努めますが、誤りがないことの保証はいたしかねます。

メロン記念日フェアウェルナイト 『FIRST AND LAST』

メロン記念日が出るわけでもない、非公認イベントだったのですが、18時から22時ということで時間がはっきりしてたことや、そして何より、初期中期のメロン記念日の出演ドラマ「サイボーグしばた」の大山田博士役のホリケン。ご本人が出演され、生演技が拝めるとのことで、参戦決定。

入店すると、思ったよりふたまわり小さいハコ、客も出演者より少なく2、3人程度しかいなかった感じ。お店の奥にホリケン。氏がご着席。とりあえずメロンのライブDVDが流れているだけの店内、シャイな筆者は、なかなか自分の居場所を見つけられず。しかし、2枚あるドリンク券の1枚を行使したところで、ホリケン。さんから「乾杯しましょう」とのお声がけ。氏の近くに着席するきっかけとなりました。

DJタイムは、トラックダウン前の音源にアクセスできる立場にあるDJ ARAKI氏(追ってわかったことですが、アップフロントワークス所属らしい)のようなこてこてリミックス版ではなく、世の中に出回っている音源だけをつないだ、ピュアなDJ。ARAKI方式に慣れてしまっているメヲタとしては、今回のつなぎ方、重ね方、聴かせ方がむしろ新鮮に思えました。

ホリケン。さん周辺には、つまり筆者の周辺には、「サイボーグしばた」の監督・脚本のおおなりてつや氏、そしてホリケン。さんのお知り合いだという役者さん(お名前失念)もいらして、このフロアである意味いちばん濃いエリアに。

サイボーグしばた」の時間、ホリケン。さんが白衣着用。というか、白衣をバケツリレーさせていただきました。まずおおなりさんとホリケン。さんが今回のためだけに作った、続編的な映像を上映。もともと赤い東京タワーを「赤さびで2011年7月24日で東京タワーが崩壊し、テレビが映らなくなる」ととらえ、おなじみ荒川土手から、博士が建造中だという新しい「スカイトゥリー」を誇示、するが、新しい方が崩壊してしまうという流れ。しかもその「スカイトゥリー」は、会津若松から電波を「バケツリレー」しているということ。お国の地デジ化政策のパロディであり、現行のキー局のシステムへのアンチテーゼみたいなものを思わせる設定で、フロア一同が笑いの渦に包まれるのでした。

そして、サイボーグしばたの本物の台本の一部をコピーした1枚ものの紙が客全員に配布され、メロン記念日の台詞を柴田以外の各メンバ(大山田研究所員の3人)を推している客が演じ、大山田博士と共演する企画。なかなかシャイな客が多く、みんななかなか手を挙げなかったのですが、筆者はホリケン。さんとの会話で、まぁしぃ推しだとばれていたので、まぁしぃ役に指名されてしまった感じ。演じた部分は、「サイボーグこんの」が出た、2004年の「新サイボーグしばたっ!!」でした。演技が終わって、オリジナルを上映したのですが、筆者はそのシーンを覚えていなかったので、オリジナルとだいぶ違った感じで演技をしてしまった感じでしたが、今のまぁしぃなら今回の筆者みたいに演技してたかもねと思うことにします。いい思い出作りになりました。

ちなみに、サイボーグしばたを演じた柴田さんと、他の3人は、ドラマ内の立場が逆であることから違うシーンが多く、収録も別々であることが多かったようです。ホリケン。さん的に柴田さんは最初はとっつきにくい感じの人だったそう。また、博士の助手を務めたミス・ヘイケこと平家みちよさんとは、握手するシーンが何度かあったそうですが、手の肌がごわごわした感じだったそう。里田まいさんは今のイメージとは全く違う、おとなしい感じだったそうです。

と、結果参加して大正解だったこのイベント。解散を発表してから、メロン記念日はこの10年間を振り返る機会が多かったですが、実は演技関係のことにはあまり触れておらず、この「サイボーグしばた」の話題も全くなし。ホリケン。さんは「5年、10年たって、そんなのもあったねー、って思い出すのでは」と筆者に語ったのですが、このドラマが最初作られた2001年は、メロン記念日の曲がなかなか売れなくていちばん危なかった時期、で、4人が自分のキャラクター確立をしていなかった時期で、しかもリーダでない柴田さんが、会社の意向で推されようとしており、本人がとても悩んでいた時期。メロン自身が振り返った内容に重ね合わせると、いろいろ見えてくる感じがします。言い換えれば、今回メロン自身が振り返らなかった部分を、このイベントで振り返ることができて、有意義な解散前夜でした。

最近メロン記念日関係の抽選運がない筆者でしたが、今回の成果は本当に宝物です。