読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こちらは職人、ただいま交信中!

いきていく物語です。

気が向いたときに、思ってることを書いていきます。
相互に「交信」をする場です。コメントおよびトラックバック歓迎です。
主に鉄道と飛行機を利用する旅人です。
2008年にoneworld Sapphire、2016年にStar Alliance Goldのステイタスを取得。これらを有効に活用した空の旅についても発信していきます。
日本国内の無線従事者資格や、関連資格の多くを取得しており、その受験記も蓄積しています。
内容には誤りがないよう努めますが、誤りがないことの保証はいたしかねます。

吉川友とポッシポッシガールズ(仮)

Live

吉川友THE ポッシボーアップアップガールズ(仮)の3マンライブ、初日、新宿場所。

開演前の物販列が、長かった。手にしたきっかこと吉川友の握手券は、なんと開演前握手専用。こういう段取りに関することは、事前に公表してほしい。何を話せばいいかよくわからなかったけど、例のボタンまるけの衣装のきっか当人にとっても、開演前握手は珍しいことのようで、緊張気味だったかな。同じフロアではポッシとアプガの各握手会も同時進行だけど、きっかのほうが流しが速いからか、列ができていなかった。

で、入場し直し、ライブ開演。歌唱パフォーマンスの前に、まず、3組が徐々に板について、オープニングトーク。最近のきっか現場としては高めの人口密度のフロアを目の当たりにしたきっかいわく、「パンパンじゃん。きっかの衣装みたい。」みたいなことを口にするくらいに、饒舌。おまけに、「ワガママボディー」を標榜する彼女は、最近「マシュマロボディー」としてグラビア界を賑わせているみーこことアプガの仙石みなみを挑発、おまけに、ポッシのはしもんこと橋本愛奈までもライバル視。これまで、あまり身体をアピールしてこなかったけど、最近「爆弾ボディー」の封印を解いたという。ここまでに、身体を愉しめとはっきり言われた公演は、覚えがない。きっかは、「今日はほかのグループのファンを狩りに行きます!吉川友(狩)で。」ということで、戦闘意欲をむき出しに。

3組の登場順は、ここで、じゃんけんで決定。トップバッターがきっか、2番手がアプガ、トリがポッシ。

我らがきっかのパフォーマンス、手堅いナンバーで、暖めにかかってくる。新曲は「URAHARAテンプテーション」のほうを歌唱。ボタンまるけのほうの衣装でこの曲を歌うのは初めてかしら。他の2組のファンの反応もよかった感じ。

アプガは、大半が知らない曲。「決戦」とか「サムライ魂」的なものをコンセプトにしてるようで、かわいさより、野武士くささ、をアピール。

ポッシは、曲だけ聴くと、似通った構成の曲がいくつかあった気もするけど、当人らの歌い方が、飽きの来ない、イイ感じの新鮮さと生臭さを兼ね備えてた気がする。ボディはボディで魅力的なんだけど、はしもんの「声」と顔が一致したかな。音源でポッシはよく聴いてるけど、音源ではだれだか判定できないので。「永遠ファイヤーボール!」はキメ曲だし、ライブ会場でキーを売ることにより配信リリースされた“Nasty!”や“Do Me!Do!”は、ライブにぴったりの曲。おいしい曲たちばかり。

そしてそして、3組のステージのあと、コラボコーナーがござった。やっぱし、こういう企画はいいね!まず、きっかと、ロビンと、佐保ちゃんで、きっかの持ち歌「ダーリンとマドンナ」を歌唱。きっか、「パート分け」があることに、やや違和感を匂わせてた感じもしたけど、それでもいい。新鮮なものがいろいろ聴けた。きっか、「ワガママボディーの(両)隣に、まな板。」とコメント、言ってしまうか!

そして最後に、ビッグなプレゼント。この13人は、ハロー!やAKBなどに負けないように、何か「プロジェクト名」をつけようということで、「チーム負けん気(仮)」を名乗ることにし、新曲「無限、Fly High」を歌唱。リリース予定については触れられなかったけど、早く映像と音源を世に出してほしいな。

他の2組のことは偉そうに言えないけど、少なくともきっかは、普段見せないパフォーマンスを新鮮に見せてくれた。今後、このツアーをいい感じに荒らして、ソロの新曲や「チーム負けん気(仮)」の新曲のリリースにつなげてほしい。

終演後は、改めてグッズを買って、握手会に参加。きっかの列も長かった。