読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こちらは職人、ただいま交信中!

いきていく物語です。

気が向いたときに、思ってることを書いていきます。
相互に「交信」をする場です。コメントおよびトラックバック歓迎です。
主に鉄道と飛行機を利用する旅人です。
2008年にoneworld Sapphire、2016年にStar Alliance Goldのステイタスを取得。これらを有効に活用した空の旅についても発信していきます。
日本国内の無線従事者資格や、関連資格の多くを取得しており、その受験記も蓄積しています。
内容には誤りがないよう努めますが、誤りがないことの保証はいたしかねます。

オトナの事情≒コドモの二乗「憐・哀-ren・ai-」

マチネを観劇。初めて行く小屋は、1階がカフェみたいな感じで、2階が劇場。2階では、靴を脱ぎます。舞台はベニヤ板っぽい(もちろんささくれは処理済)、木のにおいのある空間。
「オトナの事情≒コドモの二乗」主宰の塚越健一氏の前説、「客席にものが飛んできますが、バナナ学園のようなことはありませんので」に、吹き出す一部の客。(それ筆者)
内容は時代劇。愛して愛して哀しくてって感じ。バナナ学園純情乙女組の前園あかりが「普通の芝居」をしてるのを見たくて来たわけですが、なんといっても印象的だったのは「発声」。バナナの主宰の二階堂氏の座右の銘である「情念」を持ち合わせてこの客演に臨んだといえます。初めて彼女のことを「役者」だってことを実感し、そして、能ある鷹は爪を隠してきたんだって感じがしました。
バナナ学園の緻密な激しさとはひと味違った、「念」の積み重ねが花開いた演技だったと思います。

あと、昨年9月の「つぶやくGirl's」に出演されていた中村梨那さんがお出になってることに終わってから気づいたりしました。いろいろ巡り巡ってくるものですね。