読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こちらは職人、ただいま交信中!

いきていく物語です。

気が向いたときに、思ってることを書いていきます。
相互に「交信」をする場です。コメントおよびトラックバック歓迎です。
主に鉄道と飛行機を利用する旅人です。
2008年にoneworld Sapphire、2016年にStar Alliance Goldのステイタスを取得。これらを有効に活用した空の旅についても発信していきます。
日本国内の無線従事者資格や、関連資格の多くを取得しており、その受験記も蓄積しています。
内容には誤りがないよう努めますが、誤りがないことの保証はいたしかねます。

バナナ学園純情乙女組×王子小劇場【バナナ学園★大大大大大作戦】(合コン気分でバナ学入学!イっちゃえ!ヤっちゃえBWS(バナナワークショップ)!!!篇)

17日の火曜日から22日の日曜日まで、王子小劇場で上演された「バナナ学園純情乙女組×王子小劇場【バナナ学園★大大大大大作戦】」の、19日の木曜の昼の部は、通常公演でなく、本来の出演者と一緒にワークショップ(以下WS)をして、夜公演の一部でステージに上がるべく稽古しましょう、という特別企画。

当然、仕事はまる1日お休みで小屋に参上。入場しようとすると、このお昼の枠が通常公演でないということを理解せずにやって来たお客さんに、係員さんが延々と説明してました。その分待たされてから受付をし当日パンフを受領し、地下に下がり特製Tシャツを受領しますが(順序はあやふや)、「チケット」はないのです。入場し、ある出演者さん(バナナ学園劇団員の加藤真砂美だということを楽日に知った気がする)が養生テープをカットし、「なんと呼ばれたいですか?」と聞いた上で、筆者は少し悩んで、昔からのハンドルである「職人」を名乗ると、「では平仮名で『しょくにん』にしましょう」ということで、そう書いてもらったテープを衣服に貼るように指示されました。それが、本日のパスになります。ライブハウスとか、便座のマークの「オデッセー」とかみたいなちゃんとしたものじゃなく、粘着力の弱い粘着テープなので、胸に張ったものが稽古をするうちに、自分の汗ではがれるようになったため、貼付場所は腕章みたいに腕に落ち着きました。

で、そのパスをもらったあと、係員から、まだ準備中なのでいったん上に上がるよう指示。なんか、段取りがはっきりしてなかった感じです。自ずと「動きやすい服装」で出向くのは当然として、当日朝の移動中に「上はバナナTシャツを劇場で購入していただき、下は動きやすいジャージないしはバナナ学園制服スカートの着用をお願いいたします。」というメールを出すのはいくらなんでもねぇ。筆者は「学級委員長」というコースでの参加で、その参加費が元々Tシャツ込みだったのですが、そうでない参加者にとってはあんまりですよね。で、そのメールの15分後に「昼のワークショップはジャージなどの動きやすい格好、夜はバナナシャツとコスプレで舞台に出演していただきます。」という訂正メールが来るという迷走ぶり。どっちみち筆者には追加出費はなく、結果オーライでしたが、約9人の参加者の中には、そうでない方もいた模様。ちなみにコスプレは必須でなく、筆者はWS時と同じジャージで本番に臨みました。荷物も大きめのものは預けるよう入口で指示があったのですが、タオルとか飲み物どうすればいいかと入口で聞いたところ、持っていった方がいいですね、とのこと。

WSを取り仕切るのは、バナナ学園純情乙女組主宰で、演出家の二階堂曈子(にかいどう とうこ)。まず、劇団内で「プリキュア」と呼ばれている準備運動でスタート。財布などの持ち物が邪魔なので、ある劇団員さんに託しました。「プリキュア」の曲に合わせ稽古場(ステージ)を反時計回りに、両手を振りながら駆け足するというもの。そして、適当に体をほぐしながら発声をしましょうとのこと。おいらはちょっと発声を頑張りすぎたかもしれません。体力のバランスを考えないといけませんね。早い話、発声は適当でもよかったと思います。「ライブ」と言いながら生歌や長台詞は基本的に少ない公演だし、ましてや一般参加者は1曲でヲタ芸をするだけだし。

しかし、その1曲のヲタ芸で魂が抜けることになるとは、このときは想像だにせず…。

記憶に頼っているため、やや順序がいい加減ですが、そのあと自己紹介があったと思います。マイクを順に廻し、自分の番が来たとき、他の出演者と同じように…言った上で、あるオチをつけたところ、今回のWSでの竹刀振り回し役の浅川千絵から突っ込みが入り、急遽斬られて転倒する演技で受けてみました。ちなみに浅川さんは、だれよりも多くバナナ学園に客演してるという役者さんで、とにかくいろんな使われ方をしているユーティリティプレーヤー。直接話したことはあまりなかったのですが、ツイッターで馴れあってる関係なので、こういうあうんの呼吸的なものが成立したのかもしれません。

で、今回のWSで稽古するのは、フィナーレで演じる桜川ひめこ(どうでもいい話だけど、一部界隈では「地下のメロン」とも言われるアキバ系アイドル)の「アキバに行くのん!」のヲタ芸。バナナ学園的には定番らしいのですが、本物の桜川ひめこの現場で、本物の桜川ひめこヲタのヲタ芸のあまりの整然とした揃いっぷりに圧倒され傍観した経験を何度も持つ筆者にとっては、まさか自分が…と軽くショック。しかし、前に進まないといけません。そのときのおおよその立ち位置ベースで、一般参加者を必ず1人含む班分けがなされ、稽古が始まるのです。そして、班ごとの稽古のあと、班ごとに発表をするとのこと。後には引けません。

ということで、筆者の班では、メロン記念日ヲタモダチである神岡磨奈が入ってくれたほか、初対面の役者さん含め数人でスタート。フルネームは聞いてないけど「タケ」と書かれた養生テープを貼っていた男性役者さん、「秘密の前園」ことバナナ学園劇団員の前園あかり、なぜか「チャーミー」だった大森美里、あと2、3名の名前を覚えているのですが、隣接班の人だったかもしれなくて、記憶があやふやです。そのへんのことは、あとでだれかから連絡が来ることを期待。

で、まずイントロ部分の「口上」と呼ばれる台詞叫びがあるのですが、結構覚えやすそうで実は覚えにくい。Tシャツの背中にその台詞が書かれているので、稽古中はそれがカンペとなるのですが、本番では本来の出演者は衣装を着ているので、あてにすることはできないのです。筆者は放送部出身。ナレーションや朗読はちょこっとできるけど、長台詞を台本なしで言った経験はないに等しい。

「ナニコレパリコレマイク牧/尺度小せぇ物差し女/応援しますよ心の中で/妖怪じゃないよ曈子だレッツゴー」
(「曈子」は二階堂曈子のことで、バナナ学園独自の口上であり、本家(桜川ひめこ)に対しては当然そうは言いません。)

まず、「まいくまき」は「マイク真木」じゃねぇの?と突っ込みたくなったと同時に、どうしても字面で「ポール牧」と言い間違えてしまう。「応援しますよ」が「応援してます」にぶれたり、フレーズごとど忘れしたり…。でも、負けない!何度も何度も、直されました。あと、ヲタ芸に関しては、OADという、腕を右、左の順に規則的に振ってクラップするのは問題なかったのですが、ロマンスという、腕を左左右右左右…と動かすものが、どうしても自分の中の制御が狂って覚えられない。同じ班の人が筆者の真ん前に立ってくれたり、ミラーの関係になってくれたり、必死に指導を試みてくださったのですが、もうこのへんで魂がすっからかんに抜けて倒れそうになりました。そこで、機転を利かせた演出がつくことになりました。それは、途中で筆者が倒れて、最後にあるきっかけで筆者が再起するというもの。自分のペットボトルの中身が空になったのですが、そこに同じ班の人がスポーツドリンクを詰めてくれたり…。8の字を描くヲタ芸をしつつも、そのドリンクを横から供給されるというプレイも追加。ステージ裏(ロビー)でいろいろ打ち合わせました。筆者が倒れたあと、残った仲間が筆者を置いてジャングルに幸せの「青い鳥」を探しに行くけど、あるきっかけで筆者が再起したところ、「青い鳥」は実は筆者の頭上にいて、やっぱり俺たち仲間だね!的な内容の演出。でもこれ、夜公演でお客さんの前でやるの?と思ったのですが、実は各班がこのWSだけのための独自の演出をつけるというのが、このWSのキモであることを、あとで知りました。

そして、WS開始2時間経過後の16時から、班ごとの発表開始。一般参加者によるジャンケンの結果、ジャンケン運の悪い筆者は、案の定最初のくじをひいてしまいました。果たして、二階堂先生はどう評価するか…。

結果、たぶんいちばんのお褒めの言葉をいただけました。詳しい言葉は覚えていませんが、「もうちょっと稽古すれば、お金を取ってお客さんに見せられる内容だった」という感じでした。演技中、大森さんの口に含んだ水をぶっかけられたので、顔を洗ってから、楽屋を通って客席側で、他の班の発表を見学、上述したとおり、どの班も独自演出をしていることに、初めて気づいたのでした。「座って見てもいい」と言われましたが、正直狭かったので、立ったまま見つつ、夜に備えたロマンスの自主練習がてら、立ったまま見させてもらいました。

それにしても、たかが1曲で、自分が干からびてしまうとは、思ってもいませんでした。出番が終わるまでは、気力で立ち続けていましたが、発表終了と同時にひれ伏したように記憶しています。メロン記念日はじめ自分が本来応援しているアイドルでは、こんなに激しいヲタ芸がないどころか、好きで自ずと振りを覚えるものであるのに対して、桜川ひめこに関しては門外漢なので、まさに役者魂が試されたといえます。そして、そんな劣等生の筆者をうまく利用した班員の皆さん、特に大森さんは、自分の冠劇団(?)を持っているだけあって、演出家としての機転のよさやリーダーシップなどを発揮したのだと思っています。ちなみに彼女は、筆者に対して「おいしょくにん!自分でカンペ見ないって言っただろ!」という感じ。年齢も性別も、初対面かどうかも、そんなことは関係ない。WSにいる人は、たとえ一般参加者であっても、この場では同じ立場の人間として、ガチで接してくれました。二階堂さん含め本来の出演者の方々は、素人同然の筆者に対し、ある程度は気を遣ってくださってたのかもしれませんが、筆者は長ゼリや振り付けで演じるということの厳しさを、自分が干からびてしまうほどに体感してしまいました。二階堂さんがほめてくださったのは、決して筆者ひとりの努力ではなく、班員みんなのおかげです。「二階堂さんの演出はもっと厳しい」と、2、3人の「本来の出演者」の方々から聞きました。そして、みんなが筆者以上のものに耐えていること、二階堂さん自身がいかに人間の限界まで身を削っているかということを、恐ろしいくらいに感じました。

そして、プログラムが一通り終了したのは、3時間が経過した17時ごろ。今日このあとは、パスがあるから入退場は自由になるのですが、班員の方々は「これから(夜公演の)準備があるし、腹ごしらえしてほしいし」と、それとなく退場を促したので、近くの某喫茶で甘いジュースを飲みつつ、音源を聞きながら自主練。そして、夜の一般客の集合時刻より少し早めに小屋に再入場し、ロビーで自主練。再入場後も、自分の荷物は、一般客同様の管理でした。楽屋どころかトイレ周辺も小道具などの物置き場になっており、出演者自身が自分の持ち物を管理しきれていないかもしれない感じがしました。

WSに参加した一般人は、みな自主的に客席最後方で客入りを迎えます。そして本番、小さいミスはあったと思いますが、なんとかやりきりました。でも、50人近くがステージにいたからごまかせた部分が、もしかしたらあったかもしれません。1人でステージに立つレベルには、まだまだ達していないなと思いました。真野ちゃんといい、きっかといい、さすがにヲタ芸と通常のアイドルの振りの違いはあるにせよ、ソロというもののプレッシャーというものが、なんとなく体感できた気がしました。

ちなみに、大森さんなどは、次の日以降も筆者のことを見ててくれてました。「覚えてきたじゃん」と言われたので、寝て復習したら覚えられた的なことを言いました。なんか、自分が社会人になってからずっと飢えていたものを、手に入れられた気がします。演技の出来に関してはすごく厳しいけど、見るところをきちんと見てて、信頼して打ち解けてくれるということは、ほかのどこでも得られない体験だと思っています。

筆者は45人程度いた本来の出演者の顔と名前のほとんどが一致できてませんが、逆に本来の出演者側は、筆者のことを覚えた方が多かったかもしれません。WS中筆者の近くにいた、真嶋一歌に何度も声をかけてもらえました。あとで調べたところ、同郷でないか!来月以降、とある公演で会える気がするので、いろいろ話しようっと。筆者が一般客モードだったとき、隣で一緒に戦場カメラマンしてたお客さんのお目当ての出演者だった模様。

そして、一般客と同様に退場すると同時に、出演者や係員は、小道具の整理やバラし的なことを始めました。ステージの上でやることはともかく、これ以降は、自分がかつて経験した世界と全く同じでした。おっと、中身を理解していない人間が手を出すと、かえって迷惑になるので、普通に撤収しました。

翌日以降は、学級委員長特権で6ステージを、一般客として見たわけですが、本来の出演者の方々も筆者を見てごきげんそうだったのにほっこり。各公演については追々書きますが、まずはこの貴重な経験を書き綴らせていただいた次第。