読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こちらは職人、ただいま交信中!

いきていく物語です。

気が向いたときに、思ってることを書いていきます。
相互に「交信」をする場です。コメントおよびトラックバック歓迎です。
主に鉄道と飛行機を利用する旅人です。
2008年にoneworld Sapphire、2016年にStar Alliance Goldのステイタスを取得。これらを有効に活用した空の旅についても発信していきます。
日本国内の無線従事者資格や、関連資格の多くを取得しており、その受験記も蓄積しています。
内容には誤りがないよう努めますが、誤りがないことの保証はいたしかねます。

デビュー・シングル「きっかけはYOU!」プレ・デビュー・イベント(札幌篇1日目)

まぁしぃ生誕祭を終えてから帰宅し、いろいろ作業して、わずか2時間の睡眠後、始発電車で羽田空港に移動。空港のラウンジの中で、夜明けを迎えました。

そして、JL507便の機内では、飲み物のギャレーがそばを通ったとき以外、タイミングよく大爆睡。離陸したときすら寝てたと思います。
千歳空港に着くと、雪がうっすら。

あとは、JRで札幌駅まで移動し、なるべく地下を通り、東急百貨店から地上に出て会場のサッポロファクトリーまで徒歩移動。東西南北がわけわかんなくなりましたが、文明の利器(Google Map)をうまく活用し、ファクトリーに到着。しかし、そこからイベント会場のあるエリアを探すのもひと苦労。結果として、遠回りなルートで、会場入りしてしまいました。10時から受付(CD予約と参加券、握手券配布)をしてたと思いますが、40分遅れで到着し、整理番号は42番。CDは2枚予約し、握手券も2枚もらったわけですが、前方で鑑賞するための整理券は握手券とは別で、1人1枚(正確には、1回の予約手続きで1枚)になります。また、会場限定の携帯用待ち受けFlashを得ることができました。

あとは、ファクトリー内で昼食などをとったりしてから、宿まで歩いてチェックインし、睡眠補給。早めにチェックインできる宿を選んでおいてよかったです。渡されていたアンケート用紙に、きっかへの質問とメッセージを記入し、14時ごろに再び会場に。14時20分頃に、私服でのリハーサルが始まったのですが、集合時刻の14時半から、外に出て整列させられたので、微妙にリハが見れて、微妙に見られませんでした。

そして、前から2列目のセンター近辺に陣取り、15時からイベント開始。

まず「きっかけはYOU!」を歌唱。そして、カップリング曲の「さよなら涙」と「冬空花火」。「冬空花火」に関しては北海道の雪の中、屋外で歌いたいかのようなことを言っていました。生まれて初めての北海道だったとのこと。

続けて、他の曲とは趣を異にする、ロック調の“Candy Pop”を歌唱。

そして、ユニバーサルミュージックの方が登場し、客から集めたアンケートを使用して進行。基本的には上半分の質問に答える形で、下半分のメッセージについては、あとで本人に渡して読んでもらうとのこと。翌日に言ったことかもしれませんが、北海道に自分のファンがいるかどうか不安だったので、お客さんが集まってくれてよかったと、感謝の言葉。筆者の質問は読まれませんでしたが、前の週の北戸田と同様、アンケート提出者全員の名前が読み上げられました。名前を呼ばれて、沈黙を貫く人、筆者みたいに軽くアピールした人もいましたが、アピールしなくても、先方が見つけてくれるようなファンもいるものですね。「なっち」、「あすな」のようなハロプロに縁のある名前や、「はてはてな」(後述の「「きらりん☆レボリューション」での決め台詞で、ソロの持ち歌のタイトル)というキーワードに特に激しく反応していました。司会者さんのほうを向いて「はてはてな」を、また歌いたいと言っておりました。

きっかは、「カニ」が食べたくてしょうがないらしく、しきりにスタッフにアピールしていました。

あと、どこで言ったことかは覚えてませんが、「北海道さんは白い」、「札幌さんでは初スープカレーを食べた。野菜がたくさん。オクラ、はす、サーモンが入っていた」ような、天然な発言がありました。「草(きっか用語で、野菜の意味)を食べる(のが好き)」とか、困ったときはさぁや(ハロプロエッグ時代の盟友で、後述の「きらりん☆レボリューション」の共演者)に頼ってきた、「実はマイナス思考」とも。

そして、最後にもう1度「きっかけはYOU!」を歌唱し、ミニライブ終了。

そして、握手会開始。ステージに上がるときにスタッフに握手券を渡し、きっかへのプレゼントをスタッフに託しました。握手の時は、そのプレゼントには触れず、東京から来ましたとか、さっき呼ばれた名前とか、どっちみち当たり障りないことを話した気がします。例のごとく、「流し」つきなのですが、客が流されるのに、きっかがちゃんとに合わせて動いていたのに、思いやりを感じました。最後、何度もループする客に、ほかの客から拍手。

そして、握手会が終了し、きっかからしめの挨拶があり、16時20分ごろにイベント終了。

あとは、再び宿に戻って、またまた一服。そして、10年ぶりくらいに会う某氏と街に繰り出し、たっぷり札幌を楽しみ、楽しく過ごせました。せっかくの旅ですから、楽しまなきゃ、損、損。

筆者が札幌行きを決めたあと、その某氏の奥様が「きっか」のことを調べたところ、きっかが声の出演などをしていたアニメ「きらりん☆レボリューション」と結びついたとのこと。今日のオーディエンスにも、世代的にその作品で育ったっぽい女性の姿が目立ちましたね。もっとも、その中には、発している言葉の内容からして、ハロプロDDな方もいましたが。ここで予約したCDは、発売日以降に札幌の店頭に取りに行かないと入手できません。そこで、CDの予約券を、気持ちよく氏(のファミリー)に贈呈しました。