読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こちらは職人、ただいま交信中!

いきていく物語です。

気が向いたときに、思ってることを書いていきます。
相互に「交信」をする場です。コメントおよびトラックバック歓迎です。
主に鉄道と飛行機を利用する旅人です。
2008年にoneworld Sapphire、2016年にStar Alliance Goldのステイタスを取得。これらを有効に活用した空の旅についても発信していきます。
日本国内の無線従事者資格や、関連資格の多くを取得しており、その受験記も蓄積しています。
内容には誤りがないよう努めますが、誤りがないことの保証はいたしかねます。

ベイビーベイビー

2/5と本日、ともに13時の部を観劇。初演と千秋楽だけをピンポイントで狙ってみました。去年、しばこ主演の「ミコトマネキン」で来たことがある、赤坂レッドシアターです。細かいことは省きますが、保育園とマンション1とマンション2が同じ固定のセットで作られていて、キャストが利用するドアで、3つのうちのどの場所なのかを演じ分けていました。

ウソがウソを呼んで奇妙な展開を呼ぶコメディー。何はともあれ、恋愛も子作りも正義だ、という感想に尽きます。ムラタメグミも、妊婦の1人を演じましたが、もう少し濃い役どころを見てみたかった気がします・

いつのまになくなった「劇団シニアグラフィティ」でおなじみの佐渡稔や、もとフジテレビアナの山村美智が「特別出演」してたのもお得感満載。芝居にしっかりアクセントをつけていました。

千秋楽では、演出のえんたまこと遠藤環氏も登場し、あいさつ。

あとは、幼稚園の先生の「たまご」的な役を演じていた麻尋えりかが印象的でしたね。彼女のことをちっとも知らなかったのですが、もと宝塚男役ならではの肩幅を持ちつつ、この芝居では女性の味をしっかり出していた気がします。

すがすがしい感じでこの現場をあとにできました。