読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こちらは職人、ただいま交信中!

いきていく物語です。

気が向いたときに、思ってることを書いていきます。
相互に「交信」をする場です。コメントおよびトラックバック歓迎です。
主に鉄道と飛行機を利用する旅人です。
2008年にoneworld Sapphire、2016年にStar Alliance Goldのステイタスを取得。これらを有効に活用した空の旅についても発信していきます。
日本国内の無線従事者資格や、関連資格の多くを取得しており、その受験記も蓄積しています。
内容には誤りがないよう努めますが、誤りがないことの保証はいたしかねます。

第2回「真剣 女の陣 ザ☆キラー♡コンテンツ!」

会場外というか路上に並び、どうやら指定席の客から先に入れてた模様。自由席の客の整列の精度は結構いい加減でした。

プロレスの形式をとっているけど、実際はそうでないという不思議なイベント。総合プロデューサーのつんく♂こと寺田光男氏によれば、男が見たいものを見る的なものをやるとのことでした。

全部で3時間。7つくらい試合があり、それぞれを“Lesson X”のように呼んでいました。
お花贈呈権つきチケットを買った人は名前を呼ばれてリング上でお花を贈呈できるシステムだったので、知ってればそれを活用したかも。また、所定のタイミングで所定の紙テープを投げることになっているのですが、見ず知らずの「とっきー」ファンの有志の方の要請で、白テープを投げてほしいとのことで、協力しました。なんか色が違った気もしますが気にしない気にしない。自由席に座った小生の周囲は、ほとんどがハロプロエッグファンや、NICE GIRL プロジェクト!(NGP)ファンだった模様。

Lesson 1が、早速、水沢めい、もとい、アフィリア・サーガ・イーストのメイリと「渚」というアイドル?が、マジプロレスラーの井上貴子とバトル。メイリが「魔法」をかけることによって時間を止めたりなんとかしたのですが、結局井上が2人を押さえつけ圧勝。勝敗はどうであれ、もう少しひねったものが見たかったなぁ。先日の「バナナ学園」では気づかなかったのですが、めいちゃんは結構セクシーだということも判明したし…。

Lesson 2が、とっきーと倉岡生夏の、空気ベッド?から手を使わずに相手を落とすバトル。本番中撮禁だったのですが、勝者の倉岡生夏については「写メ」という条件付きの撮影ができました。かといって自分の携帯カメラではまともな写真は撮れず。最近話題のなんちゃらフォンを持ってきたかった。いや、「写メ」の定義って何だ?撮ったものを結局どこかにメールすればいいんだよな…!まぁ、ルールなんてあってないようなイベントなので、難しく考えずに、次回からはそれなりの持ち物で赴くことにしますよ。

Lesson 3が、ハロプロエッグ出身者勢が、寺田氏の組織にいるTHE ポッシボー組と、コレコレこと是永美記、先日ハロプロエッグ卒業がアナウンスされた仙石みなみ、そしてエッグにいるのかどうか明言されていない森咲樹北原沙弥香による「アップフロントシスターズ」(今日限りの名称だそう)としてバトル。場外乱闘と称した借り物競争でした。制限時間は2分でしたが、筆者が応援しているアップフロントシスターズが来てくれなくて、あんまり参加した感がなし。中途半端。せめて、制限時間を4分以上にすべきでは。勝者はアップフロントシスターズのほうで、音楽ガッタスの「鳴り始めた恋のBELL」を、1本のマイクをまわしながら歌唱。是永の衣装だけガッタスユニ、ほかの3人はハロプロエッグ「っぽい」制服風のものでした。アップフロントシスターズへの花束は、桁違いに多かったですね。彼女らの人気だけでなく、処遇がはっきりしていないことに対するファンの切実な気持ちが表れてるのだと思います。寺田氏ほか会社上層部がこれをどうとらえて、行動に移すかが問われていると考えています。

あとは、特筆することはあまりないですね。マジレスラーは上手に手を抜いて非レスラーとやってましたし。最後のタレントによるいす取りゲームがある意味マジガチンコ勝負だったかな。途中休憩も1回入りました。客席のパイプいすに選手がたたき込まれる的な場外乱闘もあり、適度にどいたり、適宜選手を起こしたり、それに対してレフェリーが叫んだりなんてことが近辺でも起こりましたが、これはある意味、芝居のようなものであり、客も含めてある意味の瞬発力みたいなのが求められていることを少し実感しました。レフェリーに突っ込まれても、怒らず、むしろ背中をぽーんと叩くくらいのつもりで臨みました。

最後、仙石みなみ森咲樹、あと、女医的な白衣の下に水着を着ていた森川真実にハイタッチできました。そして、ロビーで物販に向かうめいちゃんに、少しハイタッチ的なことをしてから、iPhoneに表示した先日の「バナナ学園」の写真を一瞬見てもらうことができました。CD即売によるアフィリア・サーガ・イーストのニギニギ会には参加せず、諸事情で階段を降りて撤収しましたが…。

結局、自分の好きな子が出てくれて、リングサイドから2列目以内または花道の近傍の指定席が確保できれば今後も行っていいけど、そうでない場合はあまり行く価値がないかもしれません。「アップフロントシスターズ」の特に森、北原の今後について、きちんと説明してほしいと思っています。