読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こちらは職人、ただいま交信中!

いきていく物語です。

気が向いたときに、思ってることを書いていきます。
相互に「交信」をする場です。コメントおよびトラックバック歓迎です。
主に鉄道と飛行機を利用する旅人です。
2008年にoneworld Sapphire、2016年にStar Alliance Goldのステイタスを取得。これらを有効に活用した空の旅についても発信していきます。
日本国内の無線従事者資格や、関連資格の多くを取得しており、その受験記も蓄積しています。
内容には誤りがないよう努めますが、誤りがないことの保証はいたしかねます。

週アスLIVE!

志倉千代丸アフィリア・サーガ・イースト トーク&LIVE
【出演】志倉千代丸(株式会社5pb.代表取締役)、アフィリア・サーガ・イースト(セレクトメンバー)、千木良 章(電撃ゲームス編集長)

まずアフィリア・サーガ・イーストのライブ、本来は12人だそうですが今回は6人だけの出演で、その中に、先日バナナ学園の公演に出ていた「メイリ」こと水沢めいもいました。衣装が違うだけで、その他の面影は全く同じ。寺田光男さんが書いたという曲は、振り付けがラッキィ池田さんとのことで、もろBerryz工房の曲を聴いてるようでした。作詞が志倉さんなところは、差別化要素。10月あたりにこのグループを見たときは10人だったわけですが、こんなホントのアイドルを、先日のバナナではあんな距離感で見てしまってよかったのかと身震いする思いでした。

そのあとプロデューサーの志倉さんと千木良さんのトークショウ。アフィリア〜を立ち上げたのはAKBができるより前で、人数を固定しない形でお店で働くアイドルから選抜する的な感じで始めた。J-popのトップセールスを狙うわけでもないし、地下アイドルとも違う、その間のA-popのポジションでトップを狙いたいとのこと。寺田さんが突然店に来て、後日志倉さんを食事に誘って曲を書きたいと話をしたそう。氏が曲を上げるのがあまりに早くて、作詞する立場として大変だったそうです。長年ハロー関係を見てきてる者として、興味深い話でした。

●『アキバ女への道』連載1周年記念 広瀬香美ミニライブ!
食事して戻ったらこれでした。広瀬さんの姿は見ず、スマートフォン関係のブースを軽くチェック。

●この冬買うべきスマホはこれだ!! 編集者激突! 大プレゼン大会
【審査員】広瀬香美、福岡俊弘(週刊アスキー総編集長)
【プレゼンター】ヤシマノブユキ(ライター)、矢崎飛鳥、ジャイアン鈴木、ベーコン小林、山口ひろ美、大竹彩乃

auIS03(を推したコメンテータ)が、大賞的な賞を受賞してました。日本独自のAndroid端末としての作り込みに期待な感じでした。

その後、最新スマートフォンを紹介するブースにいらした、香港在住の携帯研究家の山根康宏さんと、同じく声をかけた方を交え、1時間くらい濃いお話をさせていただきました。初対面でしたが、いろんなご指導、そして、個人的に気になることや、ビジネス観などについて、たくさんお話を伺えました。身が引き締まる思いがしました。

隣のブースでは、NECビッグローブによる新しいAndroidタブレット“Smartia”が紹介されていましたが、ディスプレイもボタン配置も、いまいちいけていない気がします。Galaxy Tabのような鮮やかでわかりやすくてわくわくするような魅力がないような気がします。日本のメーカーは、まずそういうところから発想を改めないといけないと感じました。