読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こちらは職人、ただいま交信中!

いきていく物語です。

気が向いたときに、思ってることを書いていきます。
相互に「交信」をする場です。コメントおよびトラックバック歓迎です。
主に鉄道と飛行機を利用する旅人です。
2008年にoneworld Sapphire、2016年にStar Alliance Goldのステイタスを取得。これらを有効に活用した空の旅についても発信していきます。
日本国内の無線従事者資格や、関連資格の多くを取得しており、その受験記も蓄積しています。
内容には誤りがないよう努めますが、誤りがないことの保証はいたしかねます。

ミュージックDNAトーキョー2010

メインのステージだけでなく、ロビーにも特設ステージを設け、フェス形式で行われたライブイベント。mimika目当てで行って、結局メインのホールで以下を見ました。サブステージとメインステージの利用は交互で、演奏してない方のステージでバンド転換がされてました。この手のイベントでは、なし崩し的に時間が押すことが多いように思えますが、筆者が今回見た限りでは、時間厳守でした。

ヒグチアイ
サブステージで、ピアノ弾き語り。
mimika
メインステージで。すべて今年の曲で、男子BANDで演奏。彼女はこの夏香川で活動してたので、ついていかなかった筆者にとっては久しぶりでしたし、男子BANDも久しぶり。ドラムはおなじみ、幸美AMPの直輝。「ターボ」にかわる、タオル振り回し曲「ぶっちゃけ」でしめたのですが、これが真野ちゃんの「元気者で行こう!」と同じような世界観の曲。といっても、ロックバンドならではのオーディエンスとの交流として、手を挙げさせてぶっちゃけたいことを言わせる一面がありました。今年になって10曲を作って香川でストリートだの挨拶回りだのいろいろやって…1曲1曲の印象は濃くなかったかもしれないけど、外れどころのないノリのよさは、今までにないくらい安心して聴けましたし、同じような曲たちでずっとライブをやっていた2年くらい前と比べると、すごく自信を感じさせてくれてました。
AYUTRICA
ゴシックでロックで、どこかアニソン的なテイスト。
音影
忍者という設定のバンド。しかし、忍者であることより、基盤となるべき音ががっつりしてて、しかも飽きの来ない感じ。ツインギターがなにげに融合しあってました。
腐男塾
全員揃ってませんでしたが、今回のイベントのサポーターだったとのこと。1曲ほど披露。
アーバンギャルド
衝撃的。賛否両論がありそうな感じですが、筆者はこういうシュールでデジタルで○○な感じなのは、まったくOKです。

mimikaの物販に行きましたが、ライブ中のホール内で行われたので、会話しにくかったです。耳打ちでないと通じない、ん、そっちのほうが距離が小さくてよかったか。10枚まとめて買おうと思った今年のCDは1枚だけにしておきました。あとでファンの方から聞いた話、まとめて買ってもサインは1つしかくれないそうなので、1枚で正解だったか。

新しい発見があったライブでした。