読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こちらは職人、ただいま交信中!

いきていく物語です。

気が向いたときに、思ってることを書いていきます。
相互に「交信」をする場です。コメントおよびトラックバック歓迎です。
主に鉄道と飛行機を利用する旅人です。
2008年にoneworld Sapphire、2016年にStar Alliance Goldのステイタスを取得。これらを有効に活用した空の旅についても発信していきます。
日本国内の無線従事者資格や、関連資格の多くを取得しており、その受験記も蓄積しています。
内容には誤りがないよう努めますが、誤りがないことの保証はいたしかねます。

掟ポルシェとミッツィー申し訳のトークライブ『アイドルについて真剣に考えすぎて泡吹いて倒れそうになる会』

19時半開演。掟ポルシェミッツィー申し訳は、最初から最後までいて、開演後杉作J太郎が登場。この3人でのトークは、男同士ならではの内容。一般人と結婚した掟、アイドルと結婚したいミッツィー、500人の推しがいるという杉作が、アイドルに対する思いをそれぞれ熱く語る。

そして20時に、バニラビーンズの2人が登場。ライブは1回見たことあるけど、トークを聞くのは初めて。ただ、この20時台のトーク内容については、詳細を失念。

バニラビーンズはいったんはけ、21時〜21時15分くらいまで休憩。

そして、元メロン記念日のまぁしぃこと大谷雅恵が登場。22時台に、全員が揃い、アンケート用紙の質問に回答。以下、まぁしぃのことを中心に。

CDを出すにはいろいろ壁があるけど、配信ならすぐに聞いてもらいやすいとので、まずはそっちでソロデビューしたとのこと。そのソロデビューは、美羽の事務所からの打診で、楽曲制作もそちらのルートを活用したとのこと。

ハロプロ時代は、スキャンダルを防ぐためか、男性アーティストと何かを一緒にやることが制限された(チーマネ氏も以前そう語ってた)そうだけど、それがMELON LOUNGEがいったん途絶えて、内輪の女性歌手だけを迎えるMELON GREETINGにつながった背景だったような感じの発言あり。

ほか、いろいろ濃い話があったけど、いちばんの収穫は、まぁしぃがわざわざ「改めて」歌手を目指すという選択をしたことに対する思いを、いくらか理解できたこと。メジャーからCDを出せているから、大きな会社に所属しているからこそ、できることだってあるけど、その逆の環境だからこそできることを、進めていってほしい。メロン時代のヲタモダチには、「チケット取り置き」という制度がわからなくて戸惑った人もいたみたいだけど、いちばん苦しむのはまぁしぃ本人のはず。メロン記念日は第2回「妹分オーディション」で結成されたけど、4人とも第1回の歌審査で落選して、まぁしぃは第2回の告知に、第1回で落ちた人も「再チャレンジOK」とあったから、申し込んだとのこと。筆者の期待から外れない限りは、今回の「再チャレンジ」を何よりも応援していきたいと思った次第。思い入れのある曲のひとつに、メロン初期の曲である“ENDLESS YOUTH”を挙げてたけど、曲を作ったつんくはメロンの未来を見抜いてたかのかも。

一番星の輝きを目指そうではないか!