読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こちらは職人、ただいま交信中!

いきていく物語です。

気が向いたときに、思ってることを書いていきます。
相互に「交信」をする場です。コメントおよびトラックバック歓迎です。
主に鉄道と飛行機を利用する旅人です。
2008年にoneworld Sapphire、2016年にStar Alliance Goldのステイタスを取得。これらを有効に活用した空の旅についても発信していきます。
日本国内の無線従事者資格や、関連資格の多くを取得しており、その受験記も蓄積しています。
内容には誤りがないよう努めますが、誤りがないことの保証はいたしかねます。

松浦亜弥マニアックライブ vol. 3(大阪編)

5分押しで開演し、正味1時間40分。
後方でしたが、音がよかったです。

選曲も、今までライブに合わないからと歌うのを避けてきた曲をあえてぶつけてきました。むちゃぶりな現場リクエストは募らず、あらかじめ用意した曲をしっかり歌う方針。トークは、ぶっちゃけすぎ。

今年の終わりごろには、何かを出せるらしいです。お金をためておくようにとのこと。

バンドは、桜井さん含めたお馴染み4人。

客入りは前半分は満席、後ろ半分は半数の客が透明人間でした。チケットが来るまでは、何時の公演が来るか、いやそれ以前に、何時に公演があるかすらわからないシステム。1人で複数の公演に入るには、知り合い同士で2枚ずつ申し込む必要があるけど、その知り合い同士で同じ公演が当たってしまうと、いろいろ面倒なシステム。そして、2枚チケットが当たった場合、名義人を含むFC会員2名同時に入場しないといけない。そんないやらしいシステムが今年も継続したのですが、大阪に関してはまさかの1回公演で、相当数のチケットが行く宛てをなくしたことでしょう。してやられましたわ。松浦亜弥に身も心も縛られる覚悟でないといけないのですかね。ライブ自体は良かったのですが、やっぱりライブとは、誰でも自由に行ける方式でやってほしいもんです。