読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こちらは職人、ただいま交信中!

いきていく物語です。

気が向いたときに、思ってることを書いていきます。
相互に「交信」をする場です。コメントおよびトラックバック歓迎です。
主に鉄道と飛行機を利用する旅人です。
2008年にoneworld Sapphire、2016年にStar Alliance Goldのステイタスを取得。これらを有効に活用した空の旅についても発信していきます。
日本国内の無線従事者資格や、関連資格の多くを取得しており、その受験記も蓄積しています。
内容には誤りがないよう努めますが、誤りがないことの保証はいたしかねます。

解散直前メモリアルイベント 『MELON FILM GIGS 〜メロン記念日ライブの軌跡〜 ※おまけあり』

夜にメロン記念日の解散公演を控え、そのチケットがとれなかった人にもメロンを見てほしいなどの意図で企画された、フィルムコンサート1時間半&ミニライブ30分。

やっと確保できた夜のチケットが、かなり後方だったのに対し、なんとこちらは1列。夜の解散公演はさすがに0列がありましたが、昼のこの公演はこの1列が最前でした。当日券があったくらいなので、別に0列を使わなくてもオーディエンスを収容しきれるし、使っても見やすくはないですからね。

上映された映像では、ナビゲータとして、メロン記念日のお父さん的存在というあいざわ元気が登場。商品化を前提にしていない、引き気味で画質音質が悪い内部用の記録映像も多かったのですが、それぞれの曲や衣装やトークに自分の思い出が重なりました。2004年の福岡とか広島などの「極上メロン」のころは、そこに遠征するほどの熱が筆者になかったのですが、現場の熱がすごかったことはよくわかりました。

先日の大阪と名古屋の公演で(このあとの中野夜公演でも)、過去のライブ映像をもっと短くしたものが流れたのですが、そこには収録されていない、ロック化計画でコラボしたバンドの生演奏をバックに歌う映像なども上映されました。権利問題があるんでしょうけど、こういうものこそどんどん世に出してほしかったものです。

そして、ミニライブも、新旧の曲をバランスよく混ぜた内容で、ミニと呼ぶには、そして「おまけ」と呼ぶにはもったいない感じでした。近距離で拝む最後のメロンでした。