読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こちらは職人、ただいま交信中!

いきていく物語です。

気が向いたときに、思ってることを書いていきます。
相互に「交信」をする場です。コメントおよびトラックバック歓迎です。
主に鉄道と飛行機を利用する旅人です。
2008年にoneworld Sapphire、2016年にStar Alliance Goldのステイタスを取得。これらを有効に活用した空の旅についても発信していきます。
日本国内の無線従事者資格や、関連資格の多くを取得しており、その受験記も蓄積しています。
内容には誤りがないよう努めますが、誤りがないことの保証はいたしかねます。

LAST MELON GREETING

最初は普通に“MELON GREETING”として開催発表されたのですが、メロン記念日の解散が発表されてから、LASTが頭につきました。開場は17時だったのですが、15時半ちょっと前に現場に着いたら、それらしい列が。15時半から物販と聞いて、そのまま物販の列に。2レーンだったのですが、筆者の着いたほうの列が、進むのがのろくて不運。それでも、20分程度で終了。それから16時10分に、いわゆる3000ポイント獲得者の2ショット撮影の集合。参加者は全部で数十人くらいいたと思います。ただ、実際は16時半に終わるという物販とパラで進行しない方針だったようで、物販をせかすように終わらせてから16時半ごろに、参加者の列が動き始めたのです。筆者は、少し見守るだけでしたけどね。

で、O-EASTには2階からそのまま入場…でなく、3階まで上らせてから2階に降りる流れ。(終演後の退場は普通に2階から)まずは、メロン記念日が最新曲を数曲歌唱。

そして、今回のゲストは皆、ハロプロの同窓生。ゲストが1人または2人ずつ、メロンと歌いたいメロンの曲を5人(または6人)で次々歌う流れ。それぞれ、ともに活動したときの思い出話に花を咲かせて、メロンの定番曲を次々と…。メロンはずっと出ずっぱり。各ゲストは、それぞれのやり方で客を味方にしたり、どこか灰汁の強いトークをしたりで、さすが10年近く芸能界の荒波をかき分けてきてるって感じ。特に元モーニング娘。は、ひと味もふた味も格が違う腹黒さとかぶっ飛び加減みたいなのを見せてくれました。保田さんは相変わらずいじられるキャラだけど、実は結構綺麗。矢口さんは、メロンの解散いやだよねーとメロンのファンを取り込む感じの調子。そしてやってくれました安倍さん。今日が解散公演だと思ってたようで、大ブーイング。そんな彼女を気に入らない人は少なくないかもしれませんが、ある意味天才というか、大御所のなせる技だと思います。

それから、再びメロン記念日4人のライブ。10年目に入ってから、ライブでどこか精鋭を欠くところが多かったけど、解散発表して以来吹っ切れたのか、本来以上のパワーがみなぎってる感じ。やっぱし、去年夏の「凱旋」のあたりが、彼女らが進退を決めた時期だったのかなぁ。

そしてゲスト全員がステージに上がり、モーニング娘。初期の卒業曲“Never Forget”と、ハロプロ7周年記念曲“ALL FOR ONE & ONE FOR ALL!”を歌唱。アンコールもあって、最後に万歳三唱…。3時間、メロンもゲストもオーディエンスも、思い残すことはないでしょう。ある意味去年のハロテン以上に、ハロプロの卒業式だったといえます。1つ寂しかったことといえば、メロンの現場が1つ終わり、解散へのカウントダウンが進んだということですね。

今までの“MELON GREETING”は、すべて平日開催。今回、日曜開催だったこと、そしてこのようなハロプロ仲間に囲まれたまたとない儀式ということもあり、オーディエンスが多かったです。その反面、残念なことに、進行の流れを妨げるような突っ込みというか野次が気になりました。メロン記念日はだいぶ前からそういうのを拾わないようにしてるのですが、ゲストが拾っちゃうんですよね。でも、それ以上に一部の残念なオーディエンスがそれをやめないものですから、空気を読んだいい突っ込みをする人にとってもやりにくかったでしょうし、ステージに立つ側も、必要以上に耳をふさぐことになったのではなかろうか…と気になりました。そんな妨害が降りかかる中、複数のゲストが「時間が押してる」と、円滑な進行を意識してたわけですが、ちょうど3時間で終わったので結果オーライなのかな。