読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こちらは職人、ただいま交信中!

いきていく物語です。

気が向いたときに、思ってることを書いていきます。
相互に「交信」をする場です。コメントおよびトラックバック歓迎です。
主に鉄道と飛行機を利用する旅人です。
2008年にoneworld Sapphire、2016年にStar Alliance Goldのステイタスを取得。これらを有効に活用した空の旅についても発信していきます。
日本国内の無線従事者資格や、関連資格の多くを取得しており、その受験記も蓄積しています。
内容には誤りがないよう努めますが、誤りがないことの保証はいたしかねます。

MUSIC GENERATION FROM K-WEST

ぱっと見、整理券は80番くらいまで出たようですが、整理券がなくても観覧可能でした。19時から放送開始で、入場が18時なのは少し長い気がしますが、場所をおさえた上で退出・再入場可能となっていました。

本番では柱もガラスもなく、19時10分過ぎから30分くらい、下手側に座ったメロン記念日をじっくり見られました。メロンの座り位置は、入場時点ではわからなかったので、博打が当たったということです。下手からDJの山口美沙林宙紀、そしてメロンのまぁしぃ、しばこ。以上の4人はグースネックタイプの多分オーディオテクニカ製のマイクがあてがわれていましたが、Hitoとムメは1本のハンドマイク(SM58)を共有。セクシー担当の Hitoはマイクの持ち方がセクシーだと林さんに言われてました。ハンドマイクの2名は、マイクを共有すべく寄り添って抱き合う感じも見せてくれました。 bayfmの公開放送での通例として、曲再生中やCM中は、エアに乗らないトークがありまして、専用のワイヤレスマイクが2本あったのを使ってました。片手で持つタイプの「拍手〜」看板があって、観客に拍手を求めるときにDJなどが使ったのですが、メロンが「いいとも」的にこれを活用したのはさすが。

会場に来てたおまいつの方のメールが読まれ、メロンに完全認識されてる方だったこともあり、大盛り上がりでした。トークの内容は、メロン記念日の 10年間でいちばん印象に残ったことなど。他の3人がまじめなことを言ったのに、最後ムメが「まぁしぃとスパッツの投げ合い」で落としたのはさすがです。解散発表後、この手の現場は初めてだったわけですが、今後のメロン記念日を語る機会は今までありそうでなくて、10周年を前にして、4人ほぼ同時に解散しようと言い出したそうです。早い話、解散の件については、今までアナウンスされた情報を超える内容はあんまりなし。今回のアルバムも、解散を決めてから制作開始したそうで。

短い時間でしたが、どん欲にこの現場に行ってよかったと思っています。メロン記念日から何か天のお告げがあったのだと思うことにします。

ちなみに、会場周辺は、高圧送電線があるせいか、bayfmの受信状態は芳しくないです。カーラジオでは聞けますが、トークマスター(?)ではチリチリのパチパチです。現場は現場で、立地ゆえに大音量でのPAができず、また、ミキサーさんが金魚鉢の向こう側でそもそもPAの音声を聞いてないので、聞きとれないところもありました。

放送終了後はメロン記念日のポスター(サイン+当選者氏名入り)等をかけたジャンケン大会があり、完全終演は20時ごろ。