読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こちらは職人、ただいま交信中!

いきていく物語です。

気が向いたときに、思ってることを書いていきます。
相互に「交信」をする場です。コメントおよびトラックバック歓迎です。
主に鉄道と飛行機を利用する旅人です。
2008年にoneworld Sapphire、2016年にStar Alliance Goldのステイタスを取得。これらを有効に活用した空の旅についても発信していきます。
日本国内の無線従事者資格や、関連資格の多くを取得しており、その受験記も蓄積しています。
内容には誤りがないよう努めますが、誤りがないことの保証はいたしかねます。

メロン記念日 10th ANNIVERSARY LIVE 【2000〜2004】

昼の部は2000年〜2004年の曲を中心に構成。会場のなんばHatchに、所定の開場時刻の5分後に到着したところ、まだ入場が始まっていなかった。5分程度押して開演。オープニングの「メロン記念日のテーマ」は、近年のRock Ver.でなく、オリジナルバージョンのほうで、まさにライブのコンセプトの通りと皆が納得し盛り上がる。2002年までの初代リーダだったムメが、一時期のトレードマークであるメガネを着用し、リーダモード復活。

2階席を持ってる人(つまり、ほぼ最後に入場したということ)のドリンク券の番号から、オーディエンスは400人くらいだった模様。メロン記念日がアイドルらしい曲を中心に歌っていた時期であり、振り付けも本格的で、いちばんリハが大変だったというのも納得。19日の日記に書いたとおり、近年手を抜いていたことについては、いただけないのですがね。

後半は、ロックゾーンで、2005年以降どころか最新アルバム曲が中心。まぁ、売らねばいかんのだから、やむなしなのかな。

結局、メロン記念日を再発見できる濃い2時間15分だったかな。つまりは、終演が17時50分くらいで、夜の部の開場まで10分程度しかない。一部のグッズはすでに売り切れ、自分のところで売り切れたものもあり。アップフロント得意の卒業・解散商法発動中だわこりゃ。