読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こちらは職人、ただいま交信中!

いきていく物語です。

気が向いたときに、思ってることを書いていきます。
相互に「交信」をする場です。コメントおよびトラックバック歓迎です。
主に鉄道と飛行機を利用する旅人です。
2008年にoneworld Sapphire、2016年にStar Alliance Goldのステイタスを取得。これらを有効に活用した空の旅についても発信していきます。
日本国内の無線従事者資格や、関連資格の多くを取得しており、その受験記も蓄積しています。
内容には誤りがないよう努めますが、誤りがないことの保証はいたしかねます。

松浦亜弥 Special Live 2010 at STB139

整理番号が2#番で、19時15分集合、19時半に開場し特製チロルチョコを受け取って入場、20時半にライブ開始。ここの店恒例の、出演者にちなんだカクテルは、桃にちなんだ「桃色片想い」で、通常バージョン(1200円)と、ノンアルコールバージョン(900円)がありました。所定のライブ時間は1時間10分とのことですが、10分くらい越えました。オーディエンスからのリクエストを中心とした、本人の気分しだいでやりたい曲たちを連ねていきました。

バンドは、ピアノ・キーボードが、去年の(多分)マニアックライブでぁゃゃが気に入ったから指名したという、さくらいさん。パーカッションとギターとコーラスはいつもの面子。歌うことが想定される曲のリストを50〜60曲分、ぁゃゃから彼らに渡したとのことですが、ぁゃゃのレパートリーを十分知らないさくらいさんにとっては、ハードだったようです。もっとも、自分の歌をよく覚えていないぁゃゃ本人が、今日のための歌詞カードを十分用意してなかったってどんだけー。どの曲か思い出せないんですが、スタッフが歌詞カードを慌てて用意したのでした、また。

で、先ほど赤羽橋でハピスタメンバが歌った「チョコレート魂」ですが、本人の歌唱で聴くことができました。本人がこの曲を歌うのが好きでないのは、現場では有名な話。来年10周年を迎えると、多分ベストアルバムを出すだろうけど、この曲は絶対入れない!封印します!というくらい。でも、今日はバレンタインだから、リクエストされるのを想定してましたということで、渋々歌ってくれました。あとは、筆者が生で聴いたことなかった“dearest.”を歌ってくれました。これは間違いなく、ぁゃゃのバラードの中では、3本指に入る曲なのに、その割には、あんまり歌われてない。これら2曲が聴けたのには大満足。

いちばん特筆すべきは、去年秋のツアーでは「1回目に歌った」などといって、別公演で歌った曲のリクエストを拒んでいたのですが、今回は何ごともなかったかのように歌おうとしたこと。別公演で歌われたことを、オーディエンスに突っ込まれて、「黙ってたのに」といったぁゃゃ。なんだかんだいって、客のことをすごく大切にしてるんだなと思います。

竹内まりやの「純愛ラプソディ」(うろ覚え)も歌いましたね。蒼々たる方々からお花が出てましたが、山下夫妻からのものも。

ファンクラブの更新をしようと思ったら、今日は受け付けてないってさ。