読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こちらは職人、ただいま交信中!

いきていく物語です。

気が向いたときに、思ってることを書いていきます。
相互に「交信」をする場です。コメントおよびトラックバック歓迎です。
主に鉄道と飛行機を利用する旅人です。
2008年にoneworld Sapphire、2016年にStar Alliance Goldのステイタスを取得。これらを有効に活用した空の旅についても発信していきます。
日本国内の無線従事者資格や、関連資格の多くを取得しており、その受験記も蓄積しています。
内容には誤りがないよう努めますが、誤りがないことの保証はいたしかねます。

Finolia Girls 1st Anniversary Event

Finolia Factoryレーベルの合同レコ発イベント。寒いし、全然必死でないので、ゆっくり向かったところ、開演15分前なのに入場が始まっていない。さすがだ。整理番号はランダムに配布されたらしい。30分押しで入場が始まったところ、1桁の整理番号が存在しなかった感じで、10番以降も本来の整理番号で入る人がまばらで、実質10人弱以内で入場し、まさかの最前を確保。

ライブはchoice?(一部メンバ)→Rizumu→Survivё-ZEROの順。choice?は前座的な出演だけど、あとの2ユニットは普段の対バンライブと遜色ないくらいの時間、歌ってくれた。Rizumuの新曲“winter pocket”は、私のコート(なんか)のポケットに手を入れてあっためてもいいよみたいな感じの優しさを歌った曲で、曲調も印象的。Survivё-ZEROの新曲「この雪とともに」は、藤倉さんが言うには、詞も聞いてほしいとのことで、ダンスのフォーメーションや真っ白の衣装も正統派な進化って感じ。

Survivё-ZEROは、「さこみん」が復活したかと思いきや、長期療養に入るということ。せっかく衣装を新調したのにね。今日のフォーメーションを見た限り、3人でやる姿は想像できない。前身のSurvivё時代からいろいろ波乱続きだっただけに、「戻ってくる」という言葉を、今度こそ信じたい。青山さんは復活1周年、藤倉さんは電撃加入からもうすぐ1年。よく続いた。日比谷さんは加入2か月になるけど、とにかく物覚えがいい。メロン記念日のオーディエンスのあのノリは、賛否両論あるのですが、またの機会に改めて話しましょう、青山さん。

Rizumuとは2回目で、前回Survivё-ZEROの物販を待ちくたびれてたことを話したら、向こうがいろいろ思い出してくれて、程々に楽しく話せたかな。

会社側の仕切りは相変わらずなのだけど、今日のイベントの内容のよさを考えると、採算が取れてるのか心配。