読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こちらは職人、ただいま交信中!

いきていく物語です。

気が向いたときに、思ってることを書いていきます。
相互に「交信」をする場です。コメントおよびトラックバック歓迎です。
主に鉄道と飛行機を利用する旅人です。
2008年にoneworld Sapphire、2016年にStar Alliance Goldのステイタスを取得。これらを有効に活用した空の旅についても発信していきます。
日本国内の無線従事者資格や、関連資格の多くを取得しており、その受験記も蓄積しています。
内容には誤りがないよう努めますが、誤りがないことの保証はいたしかねます。

GIRLs-RockPop stadium

2部に別れてましたが、第1部だけの参戦。9組の出演で、いろいろ記憶が不正確なところが多いので、かなりはしょります。

Survivё-ZERO
先月入ったという新メンバは、背が高くほっそりした感じ。いろいろ山あり谷ありのグループですが、去年1年で5曲の新曲があったことが、何よりモチベーションにつながってる気がしました。同じく去年5曲の新曲をもらったメロン記念日にも、ひけをとらないステージ。
Chu!☆Lips
3人に減ってから見るのは初めて。正直寂しさを感じたりもしましたが、このグループの持ち味とか痛快さは、人数が変わっても不変なのかなと思いました。
小桃音まい
スペースに余裕のあるソロの特権か、左右に揺れるように踊る姿が印象的。自分に合った曲をいっぱい持ってるなぁと思いました。
Feam
フィーマーといわれる熱狂的なファンの方々が、申し合わせたかのような応援が強化されてました。いわゆるヲタ芸と呼ぶのは語弊があるかな。フィーマー独特のスタイルだから、フィーマー芸と言うべきかな。

物販ではSurvivё-ZEROの青山さんに、メロン記念日の去年のロック化計画シングル全5枚と、その前のシングルの「カリスマ・綺麗」を贈呈。彼女の反応の、高まったこと。新メンバの日比谷さんにははじめましてとサツアイし、藤倉さんはとにかくペコペコ。時間がないため、青山さんとは思ったほどしゃべれず、でも他の2名については、前後が進まないため、なかなか話題に困ったり。

以上、Survivё-ZEROをほめましたが、課題もあります。フライヤーとかブログに書いてあるライブの告知情報、時刻の情報が不足してたり間違ってたり。ゲスト出演の場合は、そのイベントのホストがだれなのかも書くべきでしょう。本人たちも楽しそうですし、ステージでは決してオーディエンスを置いてきぼりにしない彼女ら。ZEROがついてファン層も入れ替わったわけですから、ちょろっと情報流せばライブに来るだろうみたいな、おまいつ依存体制から脱却していってほしいですね。