読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こちらは職人、ただいま交信中!

いきていく物語です。

気が向いたときに、思ってることを書いていきます。
相互に「交信」をする場です。コメントおよびトラックバック歓迎です。
主に鉄道と飛行機を利用する旅人です。
2008年にoneworld Sapphire、2016年にStar Alliance Goldのステイタスを取得。これらを有効に活用した空の旅についても発信していきます。
日本国内の無線従事者資格や、関連資格の多くを取得しており、その受験記も蓄積しています。
内容には誤りがないよう努めますが、誤りがないことの保証はいたしかねます。

MELON LOUNGE @ NAGOYA

それにしても、ハコのあるフロアに上がる階段が狭すぎる。というか、2列で並ぶルールがあるのに守らない客も悪いんですがね。

BEAT CRUSADERS
筆者が知ってる曲もあったからか、すごくお得感がありました。
ミドリ
毒吐きまくり。これが当人らにとって「パンク」ってことらしいんですが。だとしたら筆者は何かを感じようとせず、ただ受け身で感じるままに感じたいところ。
メロン記念日
衣装がこれまた凝ってました。1曲目に「ロマンチックを突き抜けろ」を持ってきました。でも、なんか、疲れてる感じも。
メロン記念日×ミドリ
初生演奏のコラボ曲“sweet suicide summer story”では、スペースが狭い分「凱旋」ツアーみたいなダイナミックな動きは見れませんでしたが、これってこんな曲だったんだと感じで聴けました。そして、メロンがミドリ各メンバの好きだったテレビ番組を尋ねたところ、その回答が、メロンヲタからの親近感を得た感じ。ミドリは普段MCをしないようで、我々メロンヲタにとっては謎ばかりなバンドだったわけで、意外な一面を見られたかな。最後に「学園天国」を、まるで何かから解放されたかのように熱演。
メロン記念日×BEAT CRUSADERS
久々に生演奏(サプライズ出演は無視して考えて)されたコラボ曲“DON'T SAY GOOD-BYE”が、良くも悪くも教科書的。久々の生演奏での披露を丁寧にこなして、聴き入るにはよかったのですが、高まれたかというとそうでない感じ。

メロン記念日は「ロック化計画」ということで、車で名古屋入りしようとしたのらしいですが、渋滞のため浜松から「ひかり」に乗り換えたとか。12時40分に会場入りべきするところ、12時半にようやく着いたそう。経費節減も大事かと思いますが、ほどほどにしましょう。

ビークル→ミドリの転換中にまぁしぃ、ミドリ→メロンの転換中にしばこがDJ。東京と違って、下手でのDJ。

いろいろテンポよく進み、21時過ぎにあっさり終演。宿取ってるときに限って…。平気で時間が押すグループとしての汚名を、返上できるか?