読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こちらは職人、ただいま交信中!

いきていく物語です。

気が向いたときに、思ってることを書いていきます。
相互に「交信」をする場です。コメントおよびトラックバック歓迎です。
主に鉄道と飛行機を利用する旅人です。
2008年にoneworld Sapphire、2016年にStar Alliance Goldのステイタスを取得。これらを有効に活用した空の旅についても発信していきます。
日本国内の無線従事者資格や、関連資格の多くを取得しており、その受験記も蓄積しています。
内容には誤りがないよう努めますが、誤りがないことの保証はいたしかねます。

ことし初の余部鉄橋

今日は余部鉄橋の見学。新阪急ホテルの前から伊丹空港行きのリムジンバスに乗ろうと考えたが、梅田駅の東側方面から案内のまま進むと、案内が途中でなくなってしまう。結局、かなり大回りをし、バス乗り場に着いたころには、バスが1分前に出たばかりだった。その次のバスが、本来乗る予定のバスなのだが、30分も待つのか。だったら阪急とモノレールで行ったほうが早いな。

で、伊丹では、搭乗手続きが必要。訓練生に当たってしまったので、えらい時間かかった。1人の客なのに2人掛けのC列の席を割り振ってきたが、1人掛けのA列の希望を伝えたところ、そうしてくれた。実際、乗ったところ、搭乗率は半分以下かも。何度か伊丹但馬間の空路に乗ったことあるけど、こんな空席祭は初めてだ。

但馬空港からのバスも、だれも乗ってない。7月なのにまだ18きっぷ使えないくらいの中途半端な時期だからかな?そういえばこのJN2321便の搭乗ゲートで、金属探知をされた。サミットのせいで警備が厳しくなっており、それがなお、空の旅を敬遠させたのだろうか。但馬の搭乗手続きのお姉ちゃんは、浴衣を着てた。情緒があるね。

昼は、香住の鎌清商店の「かに道場」。余部に行くときは必ず寄ってるけど、ひさびさかな。カニ天丼を賞味。

で、余部鉄橋、と餘部駅。新しい鉄橋の工事で、だいぶ様子が変わってた。集落に下りる通路も。鉄橋の前に踏切ができており、そっちに通路が付け替えられてた。新しい鉄橋の工事も、進んでて…。今だからこそ撮れる写真などを撮ってきた。臨時の通路が、鉄橋の橋桁貫通してたのがおもろい。列車の写真撮って、喫茶入って…。流し撮りしたり、引いた場所から撮ったり…、あと何回ここに来るのだろうと思った。

豊岡駅キヨスクと、そして、但馬空港のみやげ物屋で、みやげ購入。特に後者には、初めて金を落としたね。隠れそばフリークとして、出石そばは外せない。で、またまたしつこい金属探知。受託手荷物の中の電池まで怪しまれた。なお、制限区域に入る際、空港で用意された金平糖(?)を渡された。七夕プレゼントみたいだ。地方空港らしい、あったかいサービスだね。但馬空港には、今後もがんばってほしい。あとは、いっつものルート。伊丹行きJN2324便は、そこそこ客が乗ってたね。伊丹で食事し、そして、乗り継ぎのJL134便では、特に検査もなく。そして、東京へ…。